"FB復刻 ~万葉の人々 独立 (番外2-2)"の記事一覧

何故か50周年記念日を勘違いして2SNSでつぶやいてしまった投稿をそのまま出します。正しい50周年記念日は後の稿参照

万葉ネタ行きますよ。某ツイッターでポアされた時とは逆順に。 夕闇は 道たづたづし 月待ちて行ませ 我が背子 その間にも見む (万・巻四 709) ねえ?訳なんて付けなくても一発で意味は分かる。 なんて古くて新しい古典! 月は月でもアポロ11号の月でない、 万葉の心開講一番で犬養先生が解説してます。 去…

続きを読むread more

これを復元せずして何の為の… 齋藤杏花 (さいとうあんな)悪戯の原点・富士の高嶺です

67786327_1157030217838762_5173300597796896768_n_107420840584113.mp4 天地の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 布士の高嶺を 天の原 振り放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくそ 雪は降りける 語り継ぎ 言ひ継…

続きを読むread more

そっか。『またアニメ屋が脱税やりやがった。『鬼滅の刃』アニメ制作会社が脱税の疑いで告発 の報に怒りが収まらず、投稿…

令和の時に探してた『もう一つの万葉集』が今出てきた。 『アーロン収容所』も今になって出てきた。 なんで探してる池田弥三郎さんの万葉解説が出て来ないの? のっけから自己ワールドです。 いえね。向うで書いた 橘の 寺の長屋に 吾が率寝し 童女放髪は 髪上げつらむか (万・巻十六3822) 原文: 橘…

続きを読むread more

この稿、結論は万葉ネタなのですが、行き着くまでには2段階を経ます

68430964_400732623905123_8541204812182585344_n_114045236588340.mp4 これもカンベキに出遅れ。 今年は土用の丑は一回だけなんだ、もう終わってしまいました。 石麻呂に 吾れもの申す 夏痩せに よしといふものぞ とり食せ   痩す痩すも 生けらばあらむを 将や…

続きを読むread more

実際に投稿してる2020/12/12からみれば、「チト早い」か。まあピンボケ度は8月初日付投稿よりは遥かにマシなん…

さて、前稿に引き続き、またまた、さて、で、件のツイッター垢。 ショーコー一周忌・期間限定復活verといってながら、あんまりオウムに事には触れてなかった。 計算の内です。 今の社会事象への文句を取り留めなく並べ、最終日の15日に、 「森羅万象すべて有機的に繋がる。戦後の歪の具現化『オウム』は終わってない」 でオトすつもり…

続きを読むread more

そういや去年の夏に浅間が噴火したんでしたね。あっと、実際に投稿してるのは翌2020年の暮れ半ばになってなんです

なんだかだでガタガタしてたとこに、結構なニュース。 浅間が噴火したらしいですね。  日の暮れに 碓氷の山を 越ゆる日は 背なのが袖も さやに振らしつ   (万・巻十四3403) 大慌てで万葉を紐解いてみたんだけど、浅間ずばりは発見に至らず。 取敢えずは碓氷で。 これがもっと上った歌ならいくらでもありますから、…

続きを読むread more

そう。記事中の『他の人』ってのは実は今某SNSで旬の、リンコ ( = ID: @igOk8VtxBkZfKuO )…

(2019.5.5) 10連休とやらもいよいよ明日までとなり、改元バカ騒ぎも落ち着いてきた今ならいえる。 令和っての、実は私、最初から気に入りませんでした。 ん?逆。(他の人たちが指摘してる)令はいいんだ、麗に通じる意味がある字で実際出典はその意味なんだから。 問題は和の方。単純に総括しちまえば、昭和と重なる…

続きを読むread more

私、煙草大好き! でも我が家指定の喫煙所である仏間以外で吸ったことは只の一度もありません。で、始まる万葉・越中日本…

引き続き、13日ネタ。 巷ではお盆休みということで、今日もまた休暇の方も多くいらっしゃるようです。 大体商業主義マスコミが休みだ休みだと吹聴するから… ってこればかりじゃ芸がありませんから自粛しましょう。 さて、ここに盆という年中行事がある。 こうして新暦の月遅れでやる場合と旧とがある。 マスコミ風潮はかくの如し…

続きを読むread more

万葉集ってのは正しくは まんにょうしゅう と読むとか。JK時代にWEBサイトの著者管理人やってた折、よくこのネタで…

私は万葉集の歌に訳などつけたことはありません。 WEBオーナーを始めたころからずっと、ただの一度もです。 勿論ひとつには、何と新しい古典!訳など付けずとも一発で意味など分かる、の哲学があるのですが、もうちょっと踏み込んで言うなら。 そもそも、(今読める)万葉集ってのはある意味、翻訳集なんですよ。 万葉仮名と呼ばれる漢…

続きを読むread more

右サイドバーにも載せた「来んというも来ぬ時あるを来じというを来んとは待たじ来じというものを」がヒョンな切欠で紹介さ…

(投稿日付にfacebookに投稿した折の前文です。) 犬養先生の追悼記事、出てきました。 スクラップでなく『目指せ!! 平成の女蜀山人!』投稿だったんです。それでは早速全文をば。 犬養先生の追悼記事 (2006/4/30) 平成10年10月6日、某全国紙に掲載されたものを紹介します。 私も先生の訃報を聞いた折のことは…

続きを読むread more

このBLOG的には一等最初になる御転婆鑑記事では、最初にやったサイトなどと勿体つけてますが、中味では既に『目指せ!…

こんな噺ばかりでもなんだから、『目指せ!! 平成の女蜀山人!』投稿の復活といきますか。 あ、一番先に手がけたサイト、私が真にWEBに残したいと思って楽しい気分で書き上げた、2005年04月27日の記事『故犬養孝博士との出会い』です。 前に2-3ヶ月で飽きる(そして電撃閉鎖してしまう)と書きましたが、勘違いでどれも半年弱は…

続きを読むread more

突如と思い立って復刻を続けたアマチュア野球ネタ、巡り巡って最後は万葉で〆となるのです。それはいいとしても、しかし、…

ヤクルト小川監督が辞任 最下位低迷に「自分の力不足」 後任は内部昇格なら高津2軍監督最有力 小川監督、やめちゃうんですよね。 ん?何でオメーがプロ野球の話を?ですって? 何度か話してるナラ高甲子園2度目の制覇の時の優勝投手じゃないですか。 中央に進学して打者に専念するようになり、入学の時から不動の4番だったんですよ…

続きを読むread more

ゆりこさん。どこぞで「縁は異なもの」とおっしゃってますが本当ですよ。出方次第ではあのドロッ糞婆@atlier_Mと…

某ツイッターのドロックス婆とは大喧嘩やって抜き差しならぬ関係になっちゃったけど、改元の折にちゃんと講釈ぶっててやれば、あるいは違う関係になってたかも。 久々に純粋な万葉ネタやりましょうか。   わが盛り また変若めやも ほとほとに 寧楽の都を 見ずかなりなむ          (万・巻三332)   わが命も 常…

続きを読むread more

後先になりましたが、えーっと、これが旅人の66歳都帰りの折の憶良の餞別の歌、正規版のほうです。

どうです? 杏花の『まんにょう』 https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=129234598402737&id=100039485922343 は中々味があるっしょ? ごマン足頂けて幸いです。 なーんて、これって犬養先生の受け売りなんだけどね。 ただ丸写しの類で…

続きを読むread more

二題噺(文中)て云ってますが、これってむしろ 万葉の歌からかのカブアンナに思いを馳せた と云った方が正確でしょう。…

完全な二題噺なんですが、先ずは万葉から入ります。   君が行く 道の長手を 繰り畳ね 焼き滅ぼさむ 天の火もがも         (巻十五3724) 作者は狭野弟上娘子、別本によれば狭野茅上娘子、女流の歌人ですね。 訳なんかいらんでしょう? いやはや凄まじいな…  もう一声いうなら、彼女には中臣宅守って恋人がい…

続きを読むread more

早く日本へ ~ 万葉集には、何と、海外で詠まれた歌まであるんですよ! 知ってた?

大宰府を今の感覚で捉えたら間違う… https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=129500355042828&id=100039485922343 でいいましたよね。 では更に一歩進んでこれはどうだ?    いざ子ども 早く日本へ 大伴の 御津の浜松 待ち恋ひ…

続きを読むread more

卑しくも女たるもの、絶対に夫より先に逝っちゃダメだね、ホント

さてその折は別記事のコメ欄でも触れましたが、亡祖母3回忌の寺参りより先ほど戻って参りました。 この路線で続けるなら、和歌に世界には挽歌というのがありますね 万葉集では案外重きのあるところで、相聞・雑歌とともに三大部立ての一となります。数からしても全体の5%超。 そのうちから一押しをあげろというなら、そうですねえ。  …

続きを読むread more

2014年9月27日、御嶽山が戦後最悪の火山災害となる大噴火。けどまあこれで被害にあった人たちは全員物見遊山で、他…

9月27日。 五年前に御嶽山が噴火した日でしたよね。 有史以来一度も噴火した事がなく死火山と考えられていたのが、1979年に突如噴火して人々を驚かせたとか。 それが2014年9月27日、戦後最悪の火山災害となる大噴火を起こすとは、以前を知る者の誰が予想したでしょうか? とまあ、ここまで書いたのが夜もまだ明けきらぬ5:43…

続きを読むread more

実際に投稿してる2021/2/1は、めちゃ忙しくて手が回らないので手抜き復元。日中は、昨日ふれたガルショで嬉しい誤…

さてつらつら眺めるに。 万葉ネタがご無沙汰になってるようです。 つーことで、ジャムセクションめいた投稿。     ももしきの 大宮人は 暇あれや 梅をかざして ここに集へる        (卷十1883、作者未詳) 奈良七代七十年。 頭韻式丸暗記術、あはっ!

続きを読むread more

古くは『弟』ってのは、年下のきょうだいという意味で、性別の如何に拘りありませんでした。じゃ『妹』は?これは言わずも…

10月1日。 今日から10月。 月初であり第3四半期初であり、2019年度下半期開始の日です。 そのせいもあってか『今日は何の日』ネタが目白押しですね。 実は我が家においても本日は家族に大異変があり、来年からは大大記念日となる日なのですが、とてもWEBには書けません。 その代りにこれでも挙げときましょうか。 …

続きを読むread more

投稿日付に拘らず昨日の稿につけた題は、本稿の方がよかったかな? つーことで続編、お姉ちゃんの歌です

朝方に続けてもう一丁!    うつそみの 人なる我や 明日よりは 二上山を 弟背と 我が見む 今度はお姉ちゃん、つーことで噺は姉弟愛へ。 もうおなじみ中のおなじみ、巻二-165 大伯皇女。 大津皇子の屍(かばね)を葛城(かづらき)の二上山(ふたがみやま)に移し葬(はふ)る時に、大来皇女の哀傷(かなし)みて作らす歌二首…

続きを読むread more

それはそれとして実際に復刻投稿してる2021/2初旬、あられふり鹿島の崎に於いて、なんとあの某twitterの@a…

このとこ娘時代の勢いでWEB露出している齋藤杏花(さいとうあんな)です。 それに伴って往時の落とし台詞「あはっ!」も完全に復活したわけなのですが、果たしてお読みの皆さんは意味が分ってらっしゃるか? どういう意味か? ここで万葉集より、天武天皇と藤原夫人の掛け合いを紹介します。    天皇、藤原夫人に賜ふ御歌一首 …

続きを読むread more

右サイドバーにオマケで犬養先生の万葉の人々(録音)を設置した今日。復刻で持ってきた万葉ネタは意表をついて非犬養万葉…

相変わらずホームレスのなんのと喧しい人たちがいます。 同じ命なのに? そうだよ。同じ命だからこそ、自分で精一杯守らないことにはね。私がその同じ命を、先ず自分で精一杯守ろうとしてるのと同じに。 そもそも、やれ国だ自治体だと他人ばかり当てにする風潮が蔓延するようなら、世の中それこそ乞食と、それからオウムばかりになってし…

続きを読むread more

おまんたせ! 万葉集開巻第一番です

ここらでとっておき、万葉集開巻第一番行きましょうか。 雄略天皇の、泊瀬で菜摘していた乙女への求婚歌と云われます。 天皇の御製歌  籠もよ み籠持ち 掘串もよ み掘串し持ち この岳に 菜摘ます兒 家聞かな 告らせね そらみつ 大和の國は おしなべて われこそ居れ しきなべて われこそ座せ われこそは 告らめ 家をも名をも…

続きを読むread more

9条破棄!!米帝のポチはやめろ! たった一度、信長時代は国の象もなかったような新興国に負けただけで、この体た…

実は昨日の https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=140335693959294&id=100039485922343 には元投稿があります。 2005年05月08日に18歳の私が熱弁をふるった 『第二次世界大戦欧州戦線終結60年の今日に』 幸い残ってま…

続きを読むread more

百船の 泊つる対馬の 浅茅山 しぐれの雨に もみたひにけり ~ 殺伐とした話ばかりでもなんだから、ここらで万葉ネタ…

そうなんですよねえ。 去年のFBは10月末でカンペキにデータ落としちまってたんでしたわ。 ちょうど今頃、今日の気候にぴったりと思い出したこの歌を、とりあげてた訳がありませんでした。 ですので復刻カテゴリにありますが、復刻ではありません。 百船の 泊つる対馬の 浅茅山 しぐれの雨に もみたひにけり 万葉集は巻15、3…

続きを読むread more

「各々方、討ち入りでござる」ってのは一世を風靡した長谷川一夫の台詞。齋藤杏花 (さいとうあんな)はこの日に合わせ万…

今日は12月14日、かの有名な赤穂浪士の討ち入りの日ですよね。 年の瀬は 第九紅白 内蔵助これもまた、暮れの風物詩です。 んで。色々WEBでやってきた私・齋藤杏花 (さいとうあんな)ですが、何故か季節でいえばこの時期はいつもお休みしてて、忠臣蔵関係をやった覚えがないのです。 実は万葉記事復刻で関連を見繕ってたのですが、…

続きを読むread more

そういえば去年のFBでは一番好きなこの歌の話をすることがありませんでしたね。ですので本稿はFB復刻カテゴリにある書…

さて連日の毒舌は小休止して、今朝は万葉ネタ。 去年、FBやってた折は、この歌はとりあげませんでしたね。 タイトルにしましたが、齋藤杏花 (さいとうあんな)の一番好きな歌なんですわ。 万葉が好きな(女の)人に話をきけば大抵は額田王が好きだからと。 そして先ずは第一に、紫野をあげますけど、へそ曲がりの私は断然これです。 つ…

続きを読むread more

この稿は、志貴皇子『采女の 袖吹きかへす 明日香風 都を遠み いたづらに吹く』の評なのです。非常につながりは悪くな…

先ずは珍妙な一句から。 カロル聞く 雪なき里は 冬銀河 へったくそですね。 季重ねもいいとこ、下手すりゃ3重季重ねですわ。 まったく…俳句の方もお絵かき並みの腕であることを披露してしまった理屈屋・齋藤杏花 (さいとうあんな)少女時代でした。 英国流表記でカロル…今日はクリスマスですね。 思わぬ機会でメリークリ…

続きを読むread more

続続・何がテレワーク7割だ!? 弱きを挫き強きを助ける #小池百合子に殺される にして 新・昨日の読売新聞意見記事…

日付順でいけば直前記事の続編にして、昨年5/23、5/24に続けたやった読売新聞意見記事への反論の新シリーズとなる本稿をお届けします。 えー、昨1/16の読売新聞にテレワークを肯定的に捉えた意見記事を見つけまして。 一応目を通してみれば件の寄稿は、兼業副業の助と題されてるので分るとおり、要するに(経済関係の学問でいうところの…

続きを読むread more

今更ですが、本BLOGを実質立ち上げたのは、ヘッドに書いてるとおり2020.5.14のことです。ですのでBLOG記…

昨日の悪天が一夜明けて嘘の様に晴れ渡ってる麗の午前です。 それにしても昨日は思わず口が汚くなってしまいました。 で、何書こうって事で思い立ったのが本稿、口直しで穏やかなもので行きます。 タイトルにしましたよう、日付には偽りはなし、けどカテゴリに少々。 これは今となれば一昨年、FBに投稿したものの復元ではありません。 実…

続きを読むread more

さあて、月が明け (←見掛け上)

本日は節分ですね。何でも2/2になるのは124年ぶりとのことでちょっくら話題になってます。 んで(?)。 ほら、柊の飾り。あれっていつ出すのが正解なんですかねえ? 我が家ではせっかちな誰かさんが、早々昨日のうちから飾り付けてあったので、昨夜来の強風に煽られすっかりひしゃげてしまいましたわ。 肝心な時に役立たないじゃない!と毒…

続きを読むread more

何やら巷は森さんの失言で騒然としてますが、そんな中で、『復刻でない復刻』をお届けします …いや復刻といえば復刻なん…

つーことで、枕なしでいきなり入るなら。 2005年09月10日 に 『例によって例のごとく、めまぐるしく転調します』というタイトルでWEBにあげたものです。    言問はぬ 木すら妹と 兄ありとふを ただ独り子に あるが苦しさ 巻六・一○○七、市原王(イチハラノオオキミ)。 作者が自分が独り子であるのを悲し…

続きを読むread more

こういうときは万葉集。FB復刻でない復刻でお茶を濁しましょう

さて、もう夕方になっちまった。 朝方、情報を得て久々に2ch遊びなどやってるうちに、時間が経ってしまいました。 しゃあない。万葉ネタで繋いどきましょう。 2005年09月23日に『5/145』と題してWEBにあげたものです。     家島は 名にこそありけれ 海原は 吾が恋来つる 妹もあらなくに さて、シ…

続きを読むread more

震度4、震源はどこか遠くの場所。齋藤杏花 (さいとうあんな)の『寝たまま背中測定』は当たりました。ざっとWEBを見…

昨日、蕾が膨らんできたと記した我が庭の椿、今朝見たら早くも一輪花開いてました。 先ずは重畳、それにしても。 夕べは参ったですね。 私・齋藤杏花 (さいとうあんな)もまた、寝入りばなを揺り起こされた一人で、WEBの知ってる方たちと同様やはり慌てて起きあがって転ぶことを恐れ、寝たままで震度を測り長き揺れから遠くの震源を予測して…

続きを読むread more

大津って地名はなんか… そういえば、ポイントサイト界の貴公子 近江の天才IT青年実業家 二十年後の滋賀県知…

おらほうと限っていいますが、随分とあったかくなってきました。 気が付けば庭も過日の(赤)椿に続き、白いのも一輪、花開いてました。 そんな20日は恒例のイオンの特売日、午前中はコメを始めの大買い物をしてきた齋藤杏花 (さいとうあんな)です。 んで、お噺ですね。 古の 人に我あれや 楽浪の 古き京を 見れば悲しき …

続きを読むread more

庭球全豪オープンの試合結果顛末、某twitterの@umi_matsumoto垢の蠢動、と重なっては、昨日『いずれ…

暖かくなってきましたよ。 おらほう、朝方布団から乗り出して、電子機器を弄繰り回しても手先が凍えなくなってきました。 さてさて夕べは、健全なる人妻・齋藤杏花 (さいとうあんな)に相応しからぬ時刻までPCやって、忌々しい結果となった庭球全豪オープン女子の鬱憤をぶつけてたのですが、一夜あけてまた吃驚! なんと、消しどころに苦慮し…

続きを読むread more

今日こそ、万葉ネタをやらねば。『持統上皇にささぐ』というタイトルで2005年07月06日にリリースした初々しい投稿…

  大和には 鳴きてか来らむ 呼子鳥 象(きさ)の中山 呼びぞ超ゆなる ここらで、万葉における吉野につき言及しておきましょう。 吉野に行幸した天皇といえば伝説時代を除けば、斉明天皇、そして離宮が出来た天武・持統以降は歴代ということになりますか。 申し上げましたように、万葉には花の吉野は一首も出てこない、出てくる…

続きを読むread more