本日2発目の記事は真・憲法記念日特集で、改憲を噺しましょう。真逆の結論を報じた朝日と読売は、どちらかが斃れるまで闘うべきです

22534044-1.jpg
たのしや ごがつ くさーき はー はえ~♪
の5月になってから、とんとアクセスがさえません。
先月がユニーク月計が4万越えただけに、ひとしお、はりぇねえとこですが、めげず参りましょう。

またも一日2投稿、今日の記事の追記にしようと思ったのですが、やっぱ独立記事とします。
チト、重い話ですので。

今日発表の「朝日」調査から。
憲法9条改正の是非。
「変えるほうがよい」32%(昨年37%)。
「変えないほうがよい」61%(同55%)。
日共の志位先生が引いた、朝日の調査ってのは↓↑かしらねえ?
兎も角、9条が根付いてるとの結論付けに至るに十分です。

しかるに、しかるにです。
同じく本日の読売の一面にあるのが↓
5.3.png
↑ふっ、購読やめちまったので苦労する、
って余談はさておき、先程の朝日とは楽しくなるくらいに真逆の結論です。

これは如何な事?
って難しくもなんともない問題ですね。
何度かお噺ししてる統計でウソをつく法なんです。
即ち、統計調査などというもの、まるきり白紙の状態で何かしりたくてするわけではない、先に検証したい命題があってその為に調査対象をサンプリングするのです。
本件の場合、朝日は改憲非、読売が是という結論が先にあって、それを読者の口を借りて言わせてる訳なんです。

汚いですね。
天下の大新聞なんだから、堂々自らの口で発し、対立点があるようでしたら、徹底的に勝負するのが筋です。
だからマスゴミだなんて揶揄される、って悪態に発展させたら齋藤杏花 (さいとうあんな)の女が下がりますので自粛、方向を変えましょう。

世の人は簡単に勉強勉強といいますけど、それは正しい?
勉強ってのは、ある事に付きある人はこういってる、また別な人は別な事を言ってる、
しこうして自分はこう思う、
とここまで持ってくることです。
ですのでね。
ここは朝日が正しい、否、読売だじゃなく、齋藤杏花 (さいとうあんな)がどう思うかを述べて結論とします。

かねてより私は、改憲でなく廃憲だと口にしてます。
ですので、この論争は蝸牛角上の争いであって、そういった意味でどちらにも付けないのです。
日本国憲法っちゃ何?
占領下に進駐軍が戦後処理の一環として、云わば叩き台としておいていったもんです。
それをねえ、なんですか?戦争から80年近くも経って未だ後生大事に使い続けるとは!
一旦白紙に戻して、一から我々の手で作り直す、というより作っていくべきなのが憲法なんです。

これじゃいつまでたっても独立国たり得ない『ヤプー擬似国家・邪蛮』です。

img_nozaki_v26_main.jpg