岸田首相って開成なんですね。んで卒業後……、、、 だ~か~ら~ きょうだい全員、只の県立高校のもんのやっかみですから。あんま気にせんで、あはっ!

はてなブログ アイキャッチ画像 はてブ Blog-235-640x360.png
昨日は雨降る、雨降ると騒がれてたワリには大した事がなくて。
少なくても、おらほうは朝のうちは降ってませんでした。
これ幸いと、そこで一走り。
突如壊れて不便してた照明を買って、えっちらおっちら下げて参りました。
考えてみれば、私より年上の蛍光灯ですよ。
もう今昔の感、辛うじて見かけは良く似たのをみつけましたが、機能的には別商品!
だから、リモコンなんてのはいらんちゅーの。
慣れるまでは一苦労しそうです。

さて巷間。
就任したての岸田首相の評判が極めて芳しからぬとことなってますねえ。
で、ノンポリの齋藤杏花 (さいとうあんな)の耳にも聞こえてきて、お相伴するとことなってます。
で、知ったのが総理の出身校ね。
開成なんですか。結構有名なエピソードみたいですね。
伝統と蛍光灯の開成高校を卒業してー、

何故か2年合わないんだよね。
これも結構有名な様です。
東大入学者の一番多い開成。
けど、ここって人数自体が多いんですよ。
そうなると、どこもそうなんですけど、二極化するんですよ。
出来る生徒は出来るけど、出来ないヤツも多数…

んで、岸田文雄クン。

東大三度受けて結局入れなかった…
こりゃ相当重症ですね。
ほら、首くくった徳勝もなみの親父さんが。
あの人も東大ダメで滑り止め積もりの早稲田行った、法学部でなく政経出身の弁護士、
結局この学歴コンプが、以降の一家の運命を狂わせることになるのです。
EtC5nIfUwAQSkfB.jpg

おっと脱線。岸田さんに話を戻せば、3年掛かって滑り止めの早大法。
こうなると始末が悪い、何故なら早稲田はもっと人数が多いんだ、カンペキ二極化、こりゃ処置なしです。
結論。
岸田文雄という人が頭がいい訳がない、と。

勿論、偏差値ごっこなんてのは賽コロ博打の価値もない、ちらもないことですよ。
私も、よ~く存じております。
けどね。
日本社会ってのは早い時期に選抜が行われる、これまた事実なんです。
そして人の能力というもの、扇を開くが如く、先に行けば行くほどどんどん差が広がっていくわけです。

自分が3度受けてとうとう入れなかったとこの出身者に対して岸田さん、果たしてイニシアティブをとって政策を推し進める事ができるものなんでしょうか?

最後に開成に戻してこぼれ話を披露するなら、ここって万引き一回即退学の校則だそうですね。
で、身内に国立高校(文末注)の者がおりますもので、在学中に水を向けてみたことがあるんですわ。
「○ちゃんとこもそんな校則なの?」
而して返ってきた答え。

「ウチはそもそも万引きするようなバカはいない。だから規則はない」

と。

以上、毎度バカバカしい偏差値談義、お後が宜しいようで。

meimonko_20210404_02.jpg

(注)国立は音読みですが、齋藤杏花 (さいとうあんな)のヤドロクの場合は訓読みになるんです。
都立で国立っちゃあに?!