昨日に続いて文句の本題。さあぶったれ捲くりますわよ!と張り切ってみれば… 余りにも腹が立ったんで何書こうとしたか忘れちまたわい!

202111090125_top_img_A.jpg
さあ、話は続きです。
冒頭画像も昨日の積み残し、そうですねえ。
落ち着くために音楽から入りましょうか。
曲名もずばり、天体の音楽です。


軽音楽版で聞いてほぐれたとこで、ボスコフスキー&WPOを。


星空ばかりじゃないですよ。
昼間の景も中々です。
今となれば一昨日となる天気予報の中で、空気が澄むと(渋谷から)富士山がよく見える、って話してましたね。
はい、齋藤杏花 (さいとうあんな)もちゃんと見てきました。
渋谷より一段離れたおらほうだって、ちゃんと富士見の名所があるのです。
アルコール工場脇のがけ地ね。
昨日は雲こそ掛かってたものの、丹沢山系の向こうにちゃんと雪の富士の姿を確認しました。

調子が出てきたとこで行きましょう。

9.jpg
そもそもが10万くれるっての。
正確に言えば『くれる』じゃないか、結局は歳入から賄われるわけなんだから、それこそ所得の再分配ってヤツですわ。
ま兎も角、これって一体なんて『題』なんでしょう?
新聞にさえもそれが載ってない始末です。
しょうがない、仮に10万円給付という名称にして、話を進めましょう。

えーっと、この10万円給付はコロナ対策の一環なんですよね。
だから、それが何で一定年齢以下の者を対象に金を配る事が、コロナ対策になるのかなんですよ。
もう言い出したら限がない、不毛な論述は一切割愛したとこで、どんどん切り込んで行きます。

はい、子どもに金呉れてやって消費を促したとしても、子ども自身が消費するわけでもない、学校関係者の収入として回ることになりましょう。
ねえ?経済を回す、ってんですから、アバウトで切っていけば、そういうことになります。
これが昨日の最後で言いかけたことなんですよ。

件の給付は子どもを山車に使った学校業者への補助です。

そして学校業者の票で議員どもの地位は安定。と。
完全に子どもを食い物にしてますね。ジャリを狙え!定跡の悪用…
エリート狂走曲の哲矢なら戦争をおっぱじめてるとこです。
71zarP1ixcL.jpg

世の人々は盛んに、森友学園と言い日大とかを言って、そして憤ります。
けどね、齋藤杏花 (さいとうあんな)に言わせれば、こんなのは当たり前の事なんですよ。
氷山の一角って訳じゃない、これがガッコってもんの本質、世の学校と言うものは旧ソビエト連邦的とでもいうか、巨大なだけでなく何重にも入り組んだ複雑構造の利権なんです。
学校と言う学校をすべてなくしちまえば、社会悪の8割がたは解消する、と思料してますが、ここまで言ったら現実味が無くなっちまう、
戻しましょう。

国家の政策として学校業者を補助する、ってことでしたよね。
そして目的は、選挙の票集めです。
ここに買収と言う事があります。
ポケットマネーを使って細々とやっても、これは重大犯罪
どこぞの夫婦が失脚したばかりです。
一方、政策と言う名目で国庫金を使い大々的にやる分にゃ、全く問題なし

結論はここに行き着きます。
敢てサゲることもせず、終稿とします。

741956f838dced5cc2308b141ee0357220200326121108074.jpg