予告どおり一日で元の木阿弥。さあ齋藤杏花 (さいとうあんな)は、今日もまた文句タレ捲くりますよ!

pixta_46028984_M.jpg
相変わらず風強いっスね。
南風が雨戸を揺らす音で目が覚めてしまって、やれやれで御座います。
でもまあ、お陰で空気が澄んで、日暮れから宵の口に掛けて見事な天体ショーを眺める事ができました。
先ずは西空に沈みかけの宵の明星ね。
ホント明星、金星ってこんな耀るかったんスねえ。
その癖、日暮れまでは見えなかったな。
お月様は、ほぼ半月になってるのもあって、日中もよく見えましたが。
そうそう。一並びの11/11は月が丁度土星と木星の間に入ったんでした。
こっちも中々でした。
同じお星様でも瞬くのが恒星、瞬かないのが惑星、
なぜなら、恒星は点の光ですが、惑星のなるとぎりぎり面から発せられる光だから、
しみじみ感じさせられた夕べでした。
それにしても新聞社だかのヘリの邪魔くそな事よ!
奴ら、風流と言うことを知らぬのか?と文句になったとこで噺に入りましょう。

いえいえ、種を明かせば昨日の記事の段階で、大文句ぶったれてやろうと思ってたことがあったんです。
ほら、18歳以下に10万ての。
どうかしてる、正気疑うってヤツですよ。
てめえんとこがどうなるかは分かりかねますが、そんな話如何によらず決して嬉しいとは思えません。
ただただ腹立たしい限り、子どもを大事にするってのは違うだろ!声を大にしたくなります。
今日は話半分まで、先ずは回り道して前段ともなる噺を致しましょう。
で、昨日の読売の人生相談です。


2021/11/10 05:00

 19歳の女子大学生。自分自身に悩んでいます。

 両親は医師です。私は中学受験では志望校にレベルが届かず断念。高校は医学部のある大学の付属に合格しましたが、成績が足りず法学部に進学しました。

 そして、法学部に在籍したままでも医学部を再受験することが可能だと聞き、挑戦しようと思いました。しかし、その試験問題が私には非常に難しく思えますし、また志望動機も思いつきません。「あまり受験したくない」と両親に打ちあけたところ、「法学部にいてもあんたは弁護士の試験には受からない。そうやっていつも簡単なほうに流れる。逃げ続けた人生だ」と言われました。

 私の人生は間違っていますか。逃げ続けただけの19年間だったのでしょうか。弟は優秀で、絶対に医学部へ進学するでしょう。私の人生に何か助言をください。(神奈川・A子)


うーん。
今でも、って言うか、今は、というか、医学部ってのが最難関なのかなあ?
いえいえ!私自身、真面目に偏差値ごっこやらなかったもんで心底よく分かんないんですわ。
医学部っていうと、むしろ、寄付金の額で合否が決まる金持ちパープーのいくとこって認識なんですよねえ。
弓月(光さん)の漫画・エリート狂走曲にもありましたでしょ?
ちょうどあんな感じです。
あの多分にやっかみの入ってる漫画はともかくとしても、下記のような切実な親の声は聞きます。

「親から見ても子どもに能力があると思えるのなら何も言わない。好きなことをやればいい。
けどこれがボンクラだったとしたら、何とか自分と同じ医者にしてやりたいと思う」

間違いない、これが親の本音というヤツでしょう。
んで。
件の相談者が将にその典型です。
更には。

両親自体が失礼ながらその種のボンクラで、相談者は2世だとも思えるのですよねえ。
何故なら不見識もいいとこで、大学ってのの認識が根底からおかしい、前にも言ったっけかな?6年の薬学と医学は(大学ではなく)専修学校にしちまったらいい、って。
そう。大学ってのは学問をやる場であって、資格習得の場でもなければ職業訓練の場でもないのです。
実利で考えるならんなもん、要らない
はっきし言って何の役にも立たない、役に立たない事をやる場なのです。

でもね、それがムダの効用ってやつで。
ここで、かの大内万理亜の事件が起きた折に悪戯動画作ったそのひとつに付けた説明文をお読みいただきます。
動画自体は容量オーバーでup出来ませんもので説明文だけです。

bb074eea6eccbf449fa81f42976687d0.png
さて望郷抒情。
まあ、これは散々に言い尽くされてる繰言なのであるが… 彼女には絶対に一人暮らしをさせるぺきではなかった。
出身の仙台を出て名古屋(でもどこでも良かったんだろうが。結果からすれば)に行きたいと言い出した時点で、親でも他の誰でもいいから、ひっぱたいででも留めてたら…
折も折、彼女の旧悪がまたひとつ報じられている。
親、学校。教育者に恵まれなかったのが大内の不幸であろう。

もっというなら教育そのものにだ。
(「死にたい」とは思わないけど「死んでみたい」とは考える。「殺したい」人はいないけど「殺してみたい」人は沢山いる。)
上記括弧内は大内がしたとされる発言を原文のまま引用したものだが、作者は「リケジョっちゃ、こんなもんだわ」と考える。
いやはや、銭ゲバの走狗に変質した小保方晴子氏よりは、よほど本物のリケジョである。
ひとことで言ってしまえば浮世離れしてるということになるのだが、つまりは日本における理科教育だ。
受験競争に対する反動から、日本の理科教育は実験観察ばかりに重きが置かれており、結果、狭義で科学と呼ばれる自然科学の応用科学を学問として教える体制になってないのだ。

だから心が伴わない。

論より証拠、昨年来の醜態で広く世間に知れ渡る処となった。
やれ脱税だ、お手盛り人事だ、足の引っ張りあいだ、企業との銭闘だと、それが世界に冠たる科学者の所業だというのだから恐れ入る。
こんな体たらくなものだから、ほんのちょっとした弾みで、心が完全に溶けて無くなってしまった大内のような者を出現させてしまうのである。

大内万里亜もまた、戦後日本の狂育にスポイトされた(←弓月光がよく使ってたギャグ)被害者と言えるのではなかろうか。


学は栄利の為に非ず、道の為なり。

支那文革スローガン・言葉はチトあらふや、で結んどきましょう。

ですので教育には、本来、金なんか掛からない筈なんですよ。
教訓などは、無料で得られるものなのです。
それから少子化の話。
子どもの数は確実に減っている、その一方大学やその定員は増える一方…
そんな状況で、18歳以下に10万づつ呉れたら?
ってとこで話半分、残りは明日のネタにします。

(そして翌日)

言い忘れたことがありました。
翌日稿に入れるより、ここで言っちまったほうがしっくりくるので続けます。

竜王戦第4局が報じられてた折です。
誰だったっけか?
いやいや昔ですけど、3人4人だかの兄貴が全員東大卒ってプロ棋士だか周囲だかの言、
「兄貴全員の収入を合わせても…」
ってのが報じられてたことがありました。

何でまた~(←おらほう独特のイントネーション)ってとこですね。
賛同できない、って以前にどこからこんな発想が?って言いたくなります。
学校と収入に如何なる相関関係があるっての?
仮にあったとしても、それこそが統計でウソつく法、因と果を完全に逆転させたことで論を組み立ててます。

と、即座に言えることが大学にいった成果、ムダの効用ってものでしょう。

2021-11-12 06:19:41