歯に衣着せずはっきり言わせて貰いますわ。小室圭さんって人、バっカじゃねえ! これからどうする積もりなんでしょうねえ?

小室圭さん不合格情報に勤務先の法律事務所も困惑「提供できる情報がない」
10/30(土) 1:04配信

8337
この記事についてツイート
この記事についてシェア
NEWSポストセブン
小室圭さんの不合格情報に勤務先も困惑(撮影/JMPA)

 秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さん(30才)と、10月26日に結婚した小室圭さん(30才)が7月に受験したとされる米ニューヨーク州の司法試験の結果が、10月29日(日本時間)に公表された。だが、合格者の名簿に小室さんの名前はなかった。

【写真47枚】小室圭さん、デニムにジャケットのおしゃれ私服姿。他、眞子さんの薬指の指輪のアップ、眞子さんと佳子さまのハグ写真、小室佳代さんの金髪姿なども

 試験主催者である「The New York State Board of Law Examiners」はホームページで、合格者をアルファベット別に発表した。「K」の欄に小室さんの名前はなかった。このリストが全ての合格者を網羅しているかなどは不明のようだが、不合格の可能性もあるという。

「今回の試験は9227人が受験し、合格率は63%と言われています。そもそも初めて受験した人の合格率は78%という数値がありますが、米国の弁護士会が優秀と認めたロースクール卒業生の場合、初めての受験者の合格率は87%というデータもあるようです。小室さんは論文で賞も受賞していますし、合格間違いなしと見られていましたが……」(米国在住ジャーナリスト)

 仮に不合格だった場合、お二人のニューヨーク生活にも影響が出る可能性がある。小室さんは米国に5か所の拠点を構え、350人以上が働く法律事務所に就職。現在は「法務助手」として働き、収入は年収で600万円程度と見られているが、弁護士資格を取得すれば1年目でも2000万円を超える年収になる。

「既にニューヨークでの新居はドアマン付きで、家賃は日本円で月額80万円ほどの物件だと報じられています。眞子さんも噂されているメトロポリタン美術館に勤務されれば年収1500万円程度が見込まれるそうです。ニューヨークは物価が高いですが、ご夫婦の世帯年収が3500万円あれば、十分な生活ができるはずでした。小室さんが不合格だった場合、生活レベルにも影響が出るかもしれません」(前出・米国在住ジャーナリスト)

 この合否は、ご夫婦の今後の生活にかかわるものだが、ある宮内記者は、「この合格者リスト以外でも合格者が発表される可能性もあり、さらには、そもそも受験していなかった、という可能性も出てきた」と、情報が錯綜していると明かす。

 小室さんが勤務するニューヨークの法律事務所に問い合わせた。小室さんの合否について尋ねたところ、電話口に出た担当者は「それについて我々は何も情報がありませんし、提供できる情報もありません」と返答。仮に不合格だった場合、小室さんの仕事上のポジションにどんな影響があるのか、という質問には「提供できる情報はありません」と困惑した様子で答えるのみだった。

 ニューヨーク州の司法試験は年に2回あり、次は来年の2月に予定されている。
昨日は午後から結構降りました。
予報では曇りだったのにねえ。
どっかの政党の涙雨?
いやいや、全くの政治無関心層に付き、全然見てないです。

つーことで、またまた朔が巡って参りました。
こうして相も変わらず、つまらんBLOGをやっております。
んで"先月"の予告どおり、本日は齋藤杏花 (さいとうあんな)の週刊誌噺をお届けします。
俎上にあるのは、↓

なる記事。
週刊誌とまとめサイトくらいにしか情報がなく (文末注)、リンク等も張りにくいものの、受かったものを落ちたと報じるわけがない、
これで噺はできます。
再度念を押しますが、今まで、私、眞子ネタには一切触れた事がありません。何の感情も沸かなかったんですから触れるわけがないです。
でもね、でも、今回だけは言わねば居られませんわ。
何とも早言葉も見つからないのですが、少しは喋りましょう。

言っちゃ悪いですけどタイトルにしたとおりです。
野蛮国の飴公は何でもかんでも弁護士なんだ、ですから数は多いはずです。
何よりもかの国は資格試験ってのが、本邦に比べ非常にとりやすい、とっちまってからが競争なんですよ。
この事情を頭に入れてから読まないとトンチンカンなものになります。

米国は資格が取りやすい、と。
ですので我が国でどうしても2代目が受からない場合、留学させて向こうで取らせるというウラワザがあるんですよ。
実生活の齋藤杏花 (さいとうあんな)もその種の出来の悪い跡継ぎを何人か、よーく存じてます。
全然関係ない学生の私が遊び半分で学生時に受かってしまった試験を、所帯をもってからも落ち続け…
おっと、余分な口。失礼しました。

件の小室氏も、このパターンの変形だと思ってたんですよ。
卑しくも内親王殿下を嫁さんにしようってんですから、最低限の形式用件でも、と。
そして目処が付いたので行動を起こしたものとばかり。
ホント、どうするつもりなんでしようねえ?

ははは、女房にでも喰わして貰いますか?
内親王は結婚すれば一般人となる」などとつぶやいてる人もありますが、元内親王という地位は一生涯継続します。
その肩書きで、夫婦二人くらいは喰えっでしょうよ。
どこぞの別の王女サマも、元王女の肩書きをメシのタネにしてることですし、とまた余分な口。
どっちにせよ、この小室某は、スペックの落ちる人物です。

ここで更に不謹慎な発言を続ければでごさいます。
三橋歌織、この名前を覚えてらっしゃいまいすか?
セレブ妻などという実体とは距離のある渾名を付けられてしまったバラバラ殺人犯…
どうも今、思い出されてならないんですよ。
あの殺された切り刻まれた夫ってのも、元々は司法試験万年落第生だったんですよね。
それが苦し紛れに転進した外資証券が水に合って、経済状況が180度変わりまして。
そんなこんなで、あのような空前絶後の惨い死に様をする事になったんです、わ。

マズい事を云った事は私も自覚しております。
まあ兎も角、この小室夫妻は一刻も早く本邦を離れ、そして2度と戻ってこない事を祈るばかりです。
皆の幸せの為に。

kowaijiken_mihashikaori.jpg


(注) 起稿後、読売新聞が報じ、またNHKも独自情報を流しました。
けど、記事趣旨を覆すものではありませんので、敢えて手直しする事は致しません。