ハード先行ソフト後追い、システム自体はむしろ後退 ← これが登場以来一貫して続いてる電子計算機の進化のパターンです

o1280096013852208061.jpg
今日は第三土曜で、草ごみの日ですわ。
これあげたら、萩その他花の終わりかけてる雑草類を全部引っこ抜いて出しちまいましょう。
直前の生ごみで草は粗方引っこ抜いたので仕上げです。
いよいよ我が庭も夏モードから冬モードへと切り替わる運びとなりました。
さてさて噺はといえば、一日空けてまたぼやき話です。

参ったわねえ!
折角放火殺人という大材料が入って張り切って記事書いてあげれば、別の一家三人刺殺事件という大ニュースに重なってすっかり影が薄くなっちまいまして。
インターネットの登場で世の中がすっかり忙しくなってしまいまして、堪ったものじゃありませんわ。

言いましたっけ? 齋藤杏花 (さいとうあんな)は案外とインターネット歴は浅いんですよ。
初めて触ったのは16か7の時だったと思います。
ですので、このブローバンド時代にようやっと今になってインターネットをやってた期間の方が長くなったということで、何か感慨もあります。
それ以前は、ずっとオフラインで使ってました。

オフライン (のPC利用) はいつ頃始めたか定かでないなあ。
というのは、私、末っ子、ってか一家の最年少者でして、回ってくるものは大概お下がりでしたから、私物の分類がはっきりしないのです。
記憶にあるのが、冒頭画像のcanbeeです。
これは名機ですよ、いや、凄い!
小型TVの顔してて実はPCってんですから。CDプレーヤーにもなるみたいでしたけどそれは使いませんでした。
あっと、よく見るとウチの子の方が、更にTVに近い見掛けですわ。

でね。肝心のPCとしてのスペックは、先ずメモリは精一杯の128MB積んでましたし、HDDもパッチあてて2GB超も使えるようにしてる、
特筆すべきはCPUです。
伝説のK6-III400MHz!下駄穿かせてこれに置換してあったんですよ。
当時とすれば、ちびっ子の癖に、すごっく強いPCでしたね。
隣にpenⅡ450MHzデュアルのDOSVが並んでましたけど、ベンチマークでは左程の差もなく体感的にはcanbeeの方が早いくらい。
後にペンティアムは固定小数演算と浮動が混在すると極端に遅くなる弱点があると聞き及び、錯覚でなかったことを知るのです。

m99744754427_1.jpg
で、その名機を使って。
当時の私は来る日も来る日も新聞の切抜きの電子文書化をしてましたね。
スキャナなんてのがあったんですよ。これも売価が桁6つになるので印刷が出来ず手書きのレシートが付いてたって代物で。
電子文書と言っても今みたいにpdfなんかじゃない、ちゃんと一字づつの活字にした一太郎文書にしてました。
ですので、齋藤杏花 (さいとうあんな)がオウムの事をよく知ってるんですよ、ってこれは余談。

余談、余談、余談ばかりが長くなりました。
で、肝心の言いたい話は今のPCは、スペック的には比較にならない程に進化してますが、canbeeと比べてその割だけの使いよさになってるか?ってことなんです。
いうまでもなく、NOですね。
いや、それどころか使いにくくなってる点すらあると断言できます。
一体なんのための、技術進化?

極具体的に例をあげていうならばです。

自身は参加しなかった通信速度の進化合戦を含め、ありとあらゆる技術の進歩はインターネットで動画見るために使われてしまったんですよね。
まあ利用者にするなら、動画なんてのをオンラインで見る必要はない、DLしてローカル保存をしたものを視ればいいだけです。
これが現状は、TVすらもがインターネットと統合されかねない勢いですので、ただ呆れ返るばかりです。
更に言うなら。
動画なんてのが必要必須なメディア形態なんでなんでしょうか?
いや疑問形じゃダメだ、はっきり言い切りましょう。
動画なんて要りません。
洗練された文章の方がずっと優れた情報です。

要は、消費者無視で売り手の都合ばかりで商品市場が形成されてるんですよ、これに尽きます。
その結果、ハード先行ソフト後追い、システム自体はむしろ後退…


もう十分に楽しんだ齋藤杏花 (さいとうあんな)は、PCはそろそろ卒業すべき時期なのかもしれません。

02_sotugyou.jpg