Go To 2.0だあ~?! お気は確かかね? こりゃ如何なノンポリの齋藤杏花 (さいとうあんな)とて、黙ってる訳にはいきませんゾ

943792643322db0d4b0f9a8a108e22e1.jpg
相も変わらず文句ばかりの本BLOG、せめて入りだけはと思い立ち久々にお花の画像をアイコンにしてみました。
シュウメイギクです。
我が庭にも、
つーことで、枕恒例のお庭情報から行きましょう。

寝室の窓からみえる裏庭は流石にフヨウは終わったようですが、代わって目立ちだしたのがこのシュウメイギクなんですわ。
我が庭は、やっぱ白が似合うのかな?
まるで丹精してたばぁばをいたむがこどくに、で御座います。
おっと、湿っぽい話になってきた、本題に入ります。

政治の場では昨日国会が解散され、衆院選で発足したばかりの岸田政権が審判される段になってます。
再三の案内のとおり、齋藤杏花 (さいとうあんな)は全く政治に無関心ですので、どこぞのバカッターどもの如くに口角泡を飛ばすことはありません (何が消費税廃止だよ!真理党の再来か?) 一点だけは言っとかないとなんないでしょうね。
それがタイトルにしたとおりです。

…まだ、Go Toなんて与太噺が生きてたんでしょうかねえ。
呆れたもんです。
一体なんでまた…

オリパラの時も言いましたが、私は新型感染症に絡めたとこで話してるのではありません。
いや、少々ニュアンスが違うか。
五輪は最大の反対理由でないにせよ、まだ多少は新型感染症も理由になりました。
けど、この Go To だか強盗だかって観光需要喚起策に関しては、感染症には微塵も関係なくそれ以前の段階で無条件に反対するものです。
154749_php0gdso6.gif

反対と言うよりもですよ。
何だって観光需要喚起策なんて発想が出てくるんだか、そこからして首を傾げるばかりなんですよ。
どう贔屓目に見ても、観光業に微塵の公共性も御座いません。

いや、それどころか。

全くもって迷惑な存在でしかないのですわ。
前にも言ったとおり、風光という自分が作ったものでもない、再生産の利かない公共財を私物化して切り売りしてる商売、業であったとしても産業ではありませんね。
さてもさても腹の立つ…まあいいですわ。
けど最低限、公費を注ぎ込んで下支えするのだけはやめて貰いたいものです。
市場が不要と判断したなら淘汰すればよい、繰り返しますが微塵の公共性もありません。

それよりもですよ。
国の基の農。これの下支えはしなくていいんですか?
食料自給率37%、今般のコロナ禍でこの危機的状況を再認識しなかったんでしょうかねえ、主語は誰になるかは知りませんが。
最初、確か和牛券なんて案があったんですよね。
一石二鳥の妙案だったのに潰されてしまった…

多古輝著・頭の体操曰く「最初に思いついた事が正解であることが多い」
何でも反対すればいいってもんではありません。

71d6NgarA+L.jpg