それは後日の記事に、と言った直後の記事化です。久々の犯行時未成年の死刑囚の出現になるんでしょうか?は先の話

K10013304671_2110130512_2110130513_01_03.jpg
昨日は寒かったっスねえ?
おらほうから遠くにお住まいの皆さん、"あまびえ"だったんですよ。
齋藤杏花 (さいとうあんな)は、冬場の金魚が水槽のそこでじっとしてるが如く、買い物にも出ずうちの中でじっとしてました。
それから、鼻づまりとくしゃみが気になりだしたこともあるもんで。
やっぱ、秋の花粉症ってのがあるようです。

さて既に皆さんもご承知のとおり、甲府の方で大事件が勃発しました。
まだ事件の名 (マスコミが報道で使う) は確定してないようですね。
ほら、火事があって焼け跡から2体の焼死体が出て来たっての。
その家の娘さんが泥棒だと110番したので、初報から事件とは報じられてましたが。
先ずは犠牲になられたご夫婦 (お名前は報じられてますが武士の情けで敢えて触れません) に哀悼の意を表してから、噺をしようと思います。

と言うもタイトルにはしてましたね。
まあ、ホント、先の話です。
けどまあ、建前上未確定な事でももう事実としては確定してる事項については、どんどん事実として記しますので、お含み下さい。
さて私は、件の初報聞いて凶悪な放火殺人とは確信しましたが、未成年の犯行とまでは想像しなかったなあ。
ちょっと我々とは異なる…
おっと、後にします。
そうですよ、まだ事件の報道を貼ってなかったんだ。
返す返すの後先になりますが、読売によれば以下です。


惨い話ですね。
>遺体は損傷が激しく
要するに消し炭みたいなのが残ってるだけ…
一昨日も噺した火の鳥の鳳凰編でありましたね。
ほら、あの大内万理亜が見たがって同じように民家に放火したっての。
序詞にして続けるなら、某ツイッターでは、被疑者未成年で氏名が報じられない事を憤るつぶやきを目にします。

うーん、そうですよねえ。
ほら、さっき括弧書きで仄めかしたっしょ?
被害に遭った"食道さん"は、フルネーム連呼で報じられてて、真逆でないのか?の感を強くするばかりです。
また私は、その後の事件でもこの不合理に触れました。
けどまあ何故か…
今現在は、さしたる不合理も感じないのです。
ですので取り様に依れば本稿は、今までの発言を覆す事にもなると思料します。

即ち。
実名を報じる事は、大した事じゃないのでは?って気になってきたんですよねえ。
ああ今の世の中、フルネームで報じたとこで同姓同名がとばっちりを受けるのが関の山ってことでしょう。
知ってる人間でなけりゃ誰なんだか分からない、逆に知ってる人間なら敢えて姓名を聞くまでもなくその人物を特定できます。
ここで寄り道で、先程言いかけて止めたことをお話しましょう。

齋藤杏花 (さいとうあんな)はこの第一報聞いた折、外国人の犯行じゃないかと思ったんですわ。
昨今とみに増えた…
実名フルネームで報じられても馴染みなく、性別すらも分からないっての。
話が少し変になったか?名前にはそれほど大きな個人情報としての重みはない、に続けた積もりでした。

兎にも角にもですよ。
今の世の中、とてつもない情報過多になってきた、それが諸悪の根源です。
インターネットの普及ねえ。
格段に情報を得やすくなった反面、どうしても心地よいものばかりを選好するとこになって価値観の偏りを生むことになる、と言われてます。
私は、情報を得やすくなったって前提自体に疑問を感じるんですわ。

ここでまた即ち。
情報の海で希釈されるだけ希釈され、もう肝心なものがどこにも見当たらなくなってるんですよ。
掲示板時代はまだ良かったんです。
砂漠に落としたコンタクトレンズを探すに等しい不毛な作業 ( 今度は海が一転、砂漠に) の後に、必要な情報を見つけることもまた出来ましたから。
これが昨今のようなSNS全盛時代ともなれば、運営の都合で情報自体が出てこないように仕組まれている、端からありもしないコンタクトレンズを砂漠の中で探すことになるんです。

#くたばれtwitter

そういや、むかしむかし、供給過剰で逆に衰退してしまったブルセラって業種がありましたね、っと最後はとんでもないサゲ、あはっ!

ぶるせら.png