岸田新総裁の下の自由民主党国会対策委員長後任に就任すると報じられてる、高木毅っ人って?

takagi-tsuyoshi_l.jpg

今日もまた日が昇るとともにバカあっちくなるんかしら?
室内にしても朝晩と日中とで服装を変えなければならないような陽気が続いてます。
さて、今日の投稿。
この齋藤杏花 (さいとうあんな)、よくも悪しくも言い逃げの出来ない性分のようで、このとこの発言で事後に思いついたことを披露していきたいと思います。

先ずはイオン稲毛
昨日も行き着けである地階の食料日用雑貨に行って来ました。
で、気付いてみるに、どうもこのとこ品切れが目立つんですよねえ。
それも自社製品のトップバリュにですよ。
そりゃコロナ禍も影響してるでしょう。
けどね、自社品を切らすとなれば、これは専ら店の力量不足です。

そこで店長の中原宏平なる人物なんですよ。
前の店長はよく現場で見かけたのですが、この中原氏はとんとお見限りです。
ずばり結論。
一日の記事事実と合せて鑑みれば、個人的にやる気がないんじゃないでしょうかねえ?
小売の売り場などというのは典型的な労働集約型生産形態で、それ故にトップの資質に大きく左右されるものです。
ふと思いついたもので書き記してみました。

そして、本稿のメインテーマである高木毅氏。
こちらは2日の記事の最後の部分を請けてです。

今度、国会対策委員長になったんスか?
あの… ほら、

パンティ高木

が、です。
復習にゃ、画像を羅列した方が早いでしょう。
20151015112134.pngimages.jpg20151015112207.pngFAienXLUYBIn5iR.jpg
とまあ、かの折には随分面白おかしく書きたてられたもんです。
一昨日の記事でお分かりのとおり、齋藤杏花 (さいとうあんな)はこの話題には聊か造詣がありましてね。
それに昔から、パンツねたを書くとアクセスが増えまして。
その一事を以ってしても、殿方が(女の)パンツに興味を示すのは極めて正常であることの証でしょう。
昔取った杵柄で、理論付けしたのがこれ
その後の『ダーウィンが来た』で、ラッコもメスのケツ嗅いで求愛するってのをやってましたね。
大河が面白いと、私、直前のダーウィンもお相伴するんだ、今やってる大河は『青天を衝け』ですがWEBオーナー娘時代は『義経』でした。
おっと余談、戻しましょう。

で、高木毅議員ですが早速に、かの醜聞を持ち出されて盛んに攻撃されてます。
けどまあ言ってきたとおり、30年前のおパンツ悪戯など、何の事はない、
殿方が(女の)パンツに興味を示すのは極めて正常、
姉パン嗅ぎは極めてノーマル、これが妹のだったらちょっぴりロリ気味…
…って今日はその話じゃねんだよ!
えっと、ですから~、
こっそり匂いを嗅ぐだけならいいんです(厳格な法理論は別として)。
パン泥で問題があるとすれば、むしろ後ろの泥棒の方です。
面白おかしくみえても、これ、盗みでしょう。ほら、俗に言うとの手癖が悪いっての。
そうです、そうです、盗癖こそが厄介な性癖といえます。

性癖ですよ!
そして心の病です。
いつぞや話したマラソンの原と同様の、不治の病と言えるでしょう。
こりゃとてもとても、禊云々が馴染む話ではありませんわ。
ですので醜聞時、面白おかしくパンツの方に注目が集まったのは、むしろ高木氏にとって幸いだったとさえ言えます。
だってもっと厄介な盗癖の問題が、完全にどっかにふっとんでしまったんですもの。
盗み癖のあるなんて者は、少なくとも公務員としては不適格です。

不適格と言ったら今、騒ぎになる?
こりゃ、戦後日本を此処まで疲弊させた悪平等が、より一段進んだようでして、はい。

U426_nichibunken_0423_0001_0017.jpg

それともうひとつ。
読売オンラインっちゃPCからアクセスすると頻繁にフリーズしますね。
発足の折は滅茶重が気になってたのですが、その後改善どころか更に悪くなってます。