『そもそもCOVID-19っちゃ、そんな恐ろしい感染症なのでしょうか?』各論・第二回 ~ 明らかに矛盾だらけの報道

黄スイセン.jpg
相も変わらず連日投稿が続いてます。
今日は昨日のお庭情報の積み残しから入りましょうか。
黄色がもう一色欲しいと云ったっしょ?
ランドラが行方不明になり、また裏手の多分に厄介者だった真っ白のツルバラがヘクソカヅラとの競争に負けて枯れてしまって、バラはといえば赤桃系統ばっかになってしまったので。
なんのなんの、バラに限定しなけりゃちゃんと黄色もあります。
四季咲きのバラの根元見ると、スイセンが花開いてる、
それから裏手の隣地境界付近のヤマブキがまた、ちょっとした盛りで。
共に春の花のはずなのに、おかしなもんです。

おかしい、おかしい、って云えば、つーことで本題です。
ほら、いつも頃からか、コロナ関連はといえば、失語症みたくに分からない、分からないを連発するばっかになっちまったっしょ?
ここらでちゃんと話さなければ、ってことで筆を取り出しました。

とはいっても…
同じ事の繰り返しになる可能性も大ですね。
何故なら、ど忘れした用語がどうしても出てこない、
なってったっけ?ほら。ワクチン打った者に特典与える↓↑っての。
いやいや、ワクチンってのはほんの一例なんですが、あれやこれやの飴と鞭で接種率を上げようとしてるみたいですね。
こうして鉦や太鼓で接種を勧めようとする一方、中々接種が受けられないという報もまたあります。
ほら、ちょっと前にも東京で若年向け無予約会場を設けたら、忽ちにしてパンクしたっての。
一体、ワクチンというのは受け易いのか受け難いのか?
もう、こりゃ報道どおしの矛盾といっていいでしょう。
そんな事だから、ワクチンに関するデマも流れもしましょうよ。
でもですよ。

20210711-00010000-kantele-000-1-view.jpg
果たしてこれら、デマと云われてる情報はデマと決め付けられるものでしょうか?
マスコミが正しい情報として流してるものがこの体たらくですから満更デマも、デマと決め付けてばかりもいられないと思料します。

そもそもです。
COVID-19っちゃ?
そうですよね、新型コロナウィルス感染症です。
では、旧型コロナウィルス感染症のことはなんて言う?
案外答えられない人が多い、答えは所謂ひとつの、
風邪っぴき
です。
こんな、有史以前から発見されていた疾病の原因が、やはり微生物の悪戯だと知られたのは極々最近になってです。
ですので確実な治療薬など今でも開発されてない状況です。

これに対して新型コロナウィルス。
今猛威を振るってる武漢型の発見から2年も経ってないんです。
なのに既に、絶対的に有効なワクチンが、曲がりなりにも出回ってる、
こりゃ、面妖ではありませぬ?
いやいや、あえて疑問形で言います。

齋藤杏花 (さいとうあんな)みたいな天邪鬼でなくてもねえ…

と後は考えオチ、あはっ!

2021.9.16朝、ばぁばと一緒に使ってた冷蔵庫がついに寿命。前々から冷凍庫の閉りが悪くガタガタやってるうちに、NR-D36V1-Hのキモである自動製氷装置をおっ欠いてしまった。「水入れとかないと氷が出来なくなっちゃうよ」病院いったとき言ってた言葉が遺言になってたもんね。ごめん丸4年目前でまたひとつ使ってた物を壊してしまったわ