今日が世界基準でみたとこの終戦記念日。太平洋戦争は決して玉音放送で終わった訳ではなかったのです。二題噺的に付け加えれば、まんで何かみてえ、、、

1024px-Mamoru_Shigemitsu_signs_the_Instrument_of_Surrender,_officially_ending_the_Second_World_War_-_Alt.jpgのっけからでなんですけど。

あんだよ?! seesaaの野郎、人バカんして!!

いえいえ、メンテが1週間先延ばしになったとかでして、んなことなら昨日ちゃんと投稿しとけばよかった、ってことでカリカリしてんです。
ま、この点についてはまた後ほど言いましょう。

んで。
急に涼しくなっちまいましたね。
東京で日本最高気温が出たのが、9/2の未明だというのに。
46.4℃、時は1923年の丁度今頃の時刻です。
ほら、関東大震災。
折からの火災で観測点が熱風で煽られまして、この気温になったわけです。
勿論事情から記録されることはありませんで、ずっと長い事山形だかの記録が日本唯一の40℃超えとして残っていたわけです。

9/2、もうひとつ終戦ネタで続ければ、戦艦ミズーリの甲板上で日本が降伏文書に調印したのが1945年(昭和20年)9月2日でしたね。
何故か今までこの話はしたことがなかったので、過去頁へのリンクはなく、正真正銘、齋藤杏花 (さいとうあんな)の書いたものでは初見となります。
仄めかしはしましたね。
恥ずかしながら、終戦=8/15が日本だけであることに関し疑問を抱きだしたのが、これまた正真正銘今年 (の終戦シーズン) になってからで御座いまして、はい。
けどまあ、世界一卑怯な露助が火事場ドロをやったのは紛れも無い事実であり、また焚付けたのが鬼畜米英である事もほぼ間違いないとこでありまして。
この点は未来永劫、言い続けなければなりません。

そうですよ~。ここにこうして投稿さえしとけば、十分にその目的は果たせます。
一旦WEBにあげた文章は取り消しようが無い、インターネットというものが完全完璧に消えてなくなるまでは、歴然として残るわけですから。
twitterごときが、増長するだけ増長して好き勝手をやってきても、地道にさえやってれば決して無駄にはならぬということなんです。
…突拍子もなかった。
冒頭を承け、兎角ITっちゃいい加減なものとひとしきりぶって、twitterの出鱈目ぶりに続けるつもりでした。

いい加減でしょうがよ!
要は、利用者=テストモニター と思い込んで疑うとこがない訳で、世間の何たるかの認識が根底から狂ってんだな。
思えば全盛期のmixiもベータ版だったとか。これが歴とした証拠です。
そのmixiの後継的な位置にあるのがツイッターの日本市場であることは、今や異論の挟めないとこです。

そのtwitterですが上述過去投稿に書いたように、確かにツイートが表示されないようにされてるのですが、どうやらアナリシスも壊れてるのも事実のようで、(twitterからの)アクセス皆無という訳でもないんですよ。
このBLOGとツイッターのアナリシスを照らし合わせて検証する以外にはないもので、皆様へのご説明は出来かねますが。
ですので、ここも暫く自然体で構えてみようと思います。
私のニーズからすれば、今現在のアクセスを増やす事が至上目的ではありませんので。

問題はまた16年経って、齋藤杏花 (さいとうあんな)の文章が如何なる形でWEBに存在してるかです。

7d8c6b19a87390fb5fe9fba4372d75aa_600.jpg