東京4392人、おらほうも1246人。と書くとほんの微妙に収まったように感じますが、昨日は日曜日なのです。この状況でもうじき2学期…

img_ab8ebb9ac74741491196b4545b548d744827375.jpg
西の甲子園球場では、このような↑夏空が今年はついぞ見られないと聞き及びますが、おらほうは今日もまたパンパな夏空で夜明けました。
さあて、8/23は樺太千島ともに日本軍が武装解除してた日に付、 ソ連対日参戦記念日はなしとの記録が残ってます。
大体この時期は夏の終わりを告げる、いくばくかの寂しげな事がおきるもの、と相場が決まってるようで。
上述甲子園においては、我が県の専大松戸が負けてしまいましたね。
今年も多分に漏れずであります。

高校野球の県代表が負けたときは、二通りの取り上げた方がありまして。
ひとつはこうしてマジで取り上げる方法、いまひとつは、
え~!まだ、こんな低俗なものをやってたの~?!
と空っとぼけるやり口です。
まあ今年の場合は、某77億総白痴化ツールの方で早くから、「ものは相談だけれどここで大会は打ち切って残ってる全校優勝で」、とやってたもので、こうしてマジでお話しするわけで御座います。

さて、今空っとぼけと言いました。
けどまあ、この打ち切り残り全校優勝ってのは、満更おふざけばかりとも言えません。
ほら、既に試合が組まれてた学校が2校までも、新型コロナウィルス感染陽性者が出たとの理由で辞退したでしょうが。
この時点で中断は考えられなかったものでしょうか?

甲子園大会はスポーツのイベントであるだけではないんですよ。
高等学校の部活の活動の一つでもある、というより、こっちの要素の方が第一義なんです。
だとしたら、高校の部活停止がちらほら出だしてるご時勢、中止を考えてしかるべきです。
教育、教育、教育の一環というのですから。
それを言い出したなら、そもそもの高等学校ってのは野球やるとこではありませんよね、蛇足ながら。

さて、学校と言うならもうじき2学期が始まります。
これって他人事じゃないんですよねえ。
ここからは私生活の話になりますが、齋藤杏花 (さいとうあんな)の長子も小学生なんですよ。
而して、昨今のこの拡大状況!
休み前の、下手すらこれ、桁ひとつ上になってんじゃないの?!
まあ、オリパラのせいに決まってる!と始めたらまたループですから控えるまでも、心中穏やかでないところです。

お上は、十分に対策を!のバカの一つ覚えですが、一体何をやれと?
マスク?バカバカしい、あんなのファッションだ。効果があるとしたって精精飛沫を防ぐだけで、感染が防止できるわけではありません。
手洗い?消毒液?気休めですよ。それどころか握った際に感染するという逆効果さえ考えられます。
営団地下鉄で現実にありましたよね。
つまり、


訳ですよ。
増してや千葉市は頑としてパラリンピック学校提携観戦を断行するようですし。
そうなってくれば、命より大切な教育はない、の世界です。

私とて親の端くれ、いざとなれば命を張って子の為に動きます。

8.22.png