帰省自粛の要望とか。盆帰省ってのは旅行ではなく帰宅でしょうが。「こんな滅茶苦茶があるか!」と怒るのでなく「中止の考えはない。強い警戒感を持って帰省に臨む」とウィットを以って返す庶民の方が、遙かに大人です

unnamed.png
ようやっと少しは降り出したのかな?
降る降るとやたら脅しやがって、昨日だって洗濯できたんじゃないですか。
実際に豪雨に悩まさせてる地方の方の神経を逆撫でする不謹慎発言ながら、このとこの『梅雨末期天気予報』は帰省自粛の政府方針を請けての作為的予報とさえ穿てます。
ただまあ、涼しくていい調子なのは予報どおりでして、ほっと一息といったところです。

過日お話したテッポウユリが花開きました。
やっぱテッポウユリで正解でしたよ。
でもおかしいなあ。図鑑でも何でもみんな、丈は1-1.5メーターとある、これって優に2メーターは超えてますよ。
こんだけ背が高い事に加えて根がちゃけえんでしょうねえ。周りの草引っこ抜いてたら根が絡まってたとみえて、ぐらっと傾いてしまいまして、はい。
慌てて添え木をして立て直したとこです。

その奥の木に目を移せば同じく過日お話したフヨウが、えっと、三つか四つ。
これまた白い花をつけてます。
ネット検索で見つけた画像をお借りするかな。
jpg5b76251a4a8dc_nakamurayuko186.jpgd71f2049b0263de7535dc96f79e247fb_m.jpg
丁度今日は新のお盆の入り、あたかも亡きばぁばを迎えるかの如くです。
…ごめんなさい!湿っぽい話はもう止めたんでしたね。
第一、我が家はお盆は関係ないんだ、「おふくろはずっとこの家にいるんだ」の父の哲学に反し、どちらからも叱られてしまいます。
夏の終わりの白い花が咲き出したって記述だけで留めるべきでした。

そんな訳で今日13日は広く世間ではお盆の入りなんですよねえ。
ご先祖様が帰ってくるのを火たいて迎える日。
まあ科学的に言うなら迷信もいいとこですよね。でもです。
ご先祖様が帰ってくる、ってのは真の意味をいうなら、生きてる者が帰ってくる、ってことなんじゃないですかね?
再三ご案内のよう、私・齋藤杏花 (さいとうあんな)は住所も居所も一度も変わったことはない、苗字は変わっても住民票所在地は生まれてから現在に至るまで同じ場所、って人ですから帰省ってのがピンとこないわけですが、それでもいうなら、盆帰省は旅行というよりも帰宅に該当するんじゃないですかね?
なのに、っていうことで、愈々噺は本題です。

帰省は自粛してくれだと~!?

政府だか、知事会だか、はたまた分科会だかは知りませんよ。
けど、どいつにせよ、何だってこんな乱暴な事をいうのです?
一体、なんの権限と確信があって、「家にけえんな!」などと命令が出来るというのです?
怒りの言葉も、ちょっと見つからないとこです。

家に帰るななんて、今で言うとこのハンセン氏病、当時のライ病の隔離政策と同じじゃないですか?!
しかも『隔離』して国が面倒見るどころか自宅、私が言ってる意味に言い換えれば仮住まいの居宅に篭れってんですよ。
何よりも、感染症に罹ってとはっきり認定されたわけでも何でもないのです。

ですからねえ。
去年だったらまだ許容範囲内なんです。
未知の感染症に遭遇し、ああこれは一度様子見てみるか、もまたありです。
けど、それやってどうなりました?
こうして1年経って、件の感染症は収まるどころか、このとおりより深刻度を増しています

そうなったら、やってきた事の根底が間違ってないか、見直すとこから始めるべきでないですかねえ。

おかしい、何かしっくり来ない。
前に言ったことの繰り返しです。
我々は徹底的に正しい事を知らされてないんじゃないのか?
尾身氏が会長を務める云々?
ああ、入れようと思ったけど入る遑がありませんでした。

それよりも、大型商業施設休業要請でしょう。
生活必需品は除くとか、けど何か必需かはそれこそ人次第でしょうが。
しかも話聞けば所謂デパ地下が名指しされてるのです。
要は生活に必要な物資の買出しすらも出来ないってんです。
家に篭って飢え死にしろってのか!?
これまた昨年来、小池百合子東京都知事の「買い物は3日に一度」発言への反発から終始一貫して言ってきた事です。

私はね。
株式会社ニッポンの首脳部が、ここまで訳わかんないとこをするとも思えないんですよね。
ですので、正しい事を知らされてないんじゃ?正しい事を知らされてないんじゃ?と失語症のように繰り返すのです。

百合は百合でも何のユリ?、あはっ!

20210507atG9S_p.jpg