やれやれ、ゴリ押しオリパラ開幕まであと1月んなっちまったわ。でもまあ、同じ五輪アスリートでも中には頷ける事言う選手もいるから、私もミソクソに括るのは控えねばね

takeuchi-tomoka.jpg
やれやれ、午後から雨降るのかしら?
珍しく(徒歩で行けない所まで)出なきゃならないので、気がもめて仕方ありません。

さーて、さて。それもあって早く目が覚めちまって新聞を取りにいってみればです。
そうなんだよ、逮捕された鳥潟かれん記者がどうなったかも気になるし…
じゃないよ!えーっと、
門構えをチト巡れば、どこから来やがったのか隙間から草の芽が出てて。
いつも私は、これ、糸の切れた糸楊枝とっといて、柄尻で掻き出してます。
こんな隙間にもねえ、と思うのが人間の感覚で、草にとっては密のない蜜の環境らしいですね。
いつぞやの夕刊↓
E4eNJFwVIAAKL4R.jpg
↑に出てましたわ。

で、噺は冒頭画像のスノボの姐さんなんです。
竹内智香選手が久々にTVで話してるのを見ました。
何でも件のニュースは、五輪開催してほんとに大丈夫かな?って出だしで、各種世界大会でクラスターが発生してると。
そんな中、竹内選手の スノーボードが優等生…
それには『ここまでやって感染したらむしろ不思議』、酷なくらいに厳しい節制があるとの事です。
画面変わって表情アップの竹内選手、言葉を選んで言うには、そうでなければ応援されるオリンピックにはならないのでは?と。
続けて、

「いろんな人の我慢や努力があって成り立ってることを考えれば」

いいですねえ、さすが姐さん、言う事がまともですよ。
観客が入ったほうがやりがいがあるなどどしゃあしゃあと言う蹴球選手に比べ、どれだけ共感を覚える事か。
新谷選手に続き、口の減らない齋藤杏花 (さいとうあんな)が素直に共感を覚えた選手・第2号です。

そうそう、私ゃ口が減りませんからね。
ここで、それに引き換え、と続くのですよ。

怪しからん奴らもいますよねえ。
過去大会で言うなら、警官や自衛官(である選手)、これ怪しからんですわ。
もとがあんですよ、職場の慰安旅行の積もりできてやがる、
それでいて好成績なら異例の昇進があるってんですから、堪えられませんよ。
まあ、酒が入りゃ聖人君子か元々の下戸でない限り乱れもする、そういった意味で今回大会が酒類禁止になったのは英断と位置づけてもいいでしょう。

んで。
コンドームはどうするの?
五輪にコンドーム配りなるボランティアがあることは、広く一般紙でも報じられてることです。
流石に『ボランティア内容の詳細』について語られることはありませんけど。
推して知るべし、
ああ、アダルトなる読者の皆さんには説明無用ですね。

なでしこジャパン…
猛省を促すために何度でも言います

彼女らが決勝戦前夜にやってたコンドーム配りの美青年を侍らせてのランチキ騒ぎは、当の対戦相手にすら見咎められるほどに常軌を逸したものでした。

同じ銀でも、がオチです。
https___imgix-proxy.n8s.jp_content_pic_20120810_96958A9C93819695E3E2E2E2938DE3E2E2EAE0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXBZO4479009010082012I00002-PB1-4.jpg

(欄外備忘)
2021-06-24 05:33:52旭川医大「無断録音された」 北海道新聞社に抗議文送付
井上潜、斎藤徹、本田大次郎2021年6月24日 18時22分
シェア
ツイート
list
ブックマーク
72
メール
印刷
写真・図版
北海道新聞社・札幌本社=2021年5月18日、札幌市中央区

写真・図版

[PR]
 旭川医科大学(北海道旭川市)の校舎内に許可なく入ったとして、北海道新聞社の記者(22)が建造物侵入容疑で大学関係者に現行犯逮捕された事件で、旭川医大は24日、記者が会議内容を無断で録音していたとして、同社に抗議文を送ったことを明らかにした。

旭川医大を取材中の道新記者を逮捕 建造物侵入の疑い
 記者は22日午後に大学関係者に逮捕され、道警旭川東署に引き渡された。署によると、記者は取材のため、関係者以外立ち入り禁止の看護学科棟4階に立ち入っていたという。学内ではこの日、不祥事が相次いだ吉田晃敏学長の解任を議論する学長選考会議が開かれていた。

 朝日新聞の取材に対する旭川医大の回答によると、職員が選考会議の会議室から廊下へ出ようとしたところ、扉の隙間から会議内容を録音していた記者に出会った。職員が身分や目的を尋ねたが明確な返答がなく、逃げ去ろうとしたため、学外者が無許可で建物内に侵入したと判断し、警察へ連絡したとしている。

 旭川医大は北海道新聞社に抗議文を送り、校舎内に立ち入った理由などを確認している、としている。

 また、旭川東署は24日午後に記者を釈放し、発表した。今後は在宅で捜査を続けるとしている。

 北海道新聞社法務広報グループは「現時点で事実関係が不明で、旭川医大の見解や記者の釈放についてはコメントできない。逮捕の経緯などを記者に確認し、読者には紙面で説明する」としている。(井上潜、斎藤徹、本田大次郎)