何をぬかす、イカの○ンタマ ~ 読売新聞 "性的目的の競技写真撮影「大きな心の傷」" 記事の潮田玲子さんに物申す



さあて、のっけから、(投稿日からみれば昨日)とったばかりの新聞で目に付いた記事。
WEBでも公開されたのでペタリ貼り付けました、どうぞ上記をクリックの上ご確認ください。
そして言いたい事は更に先立つこと、タイトルで真っ先に申しておりました。

まあ…
腹立ちますねえ。
おかしい、徹底的におかしいです。
さあて、どこから噺したもんやら。

先ずは、
>そんな格好をしているから
ずばりそのとおりだと思います。
ああ、前に言ったこの記事の続編部分(としての本稿)ですね。
正確に言うなら、そんな格好をして、人前に出るのが、悪い、もし見られたくないと言うなら、です。

盗撮という、けど別に風呂場やお手洗いにいるとこを撮られた訳ではないのです。
それどころか、撮ってくれ、撮ってくれと人前に露出してる場面の撮影なのですよ。
方や撮ってバンバン報道してくれと言いながら、その一方で都合の悪いとこを撮られたらこうしてネチネチと恨み言を並べる、
身勝手もいいとこです。

その文句なら、競技団体に言うべきですよ。
例えば体操、例えば水泳は、撮影自体を禁止してるとか。
ん?万一撮影場面を発見したら、画像の一切を破棄して頂きまた機器類は6ヶ月間預からせて頂きます、
って、ストリップ劇場かいな?

さてさて前2回は、被写体の選手たちの潜在意識下にどっかしらん露出願望があるのではないか?という前提で書きましたが、今回は潮田元選手のお話が本音であるという前提の下で論を展開しました。

34f628b2f8f0b199eb3c245f301cddc8.jpg
で、記事でも紹介されてる司法判断。
著作権法違反、と。
こりゃ明らかにおかしい。
TV放送からの切り出し画像だっていうのですから。
時事報道には著作の概念が生じない事は明確に法定されてます。
もし仮に編集番組だというなら、まだTV局に対する著作侵害も分かるのですが、件の罰金喰ったエロ業者がしたとされるのは、競技生放送からの切り出しというのですので、こりゃかつてブルセラ潰しに古物商法持ち出したのの亜流のこじつけ逮捕ですよ。
陸上女子選手の画像から下腹部部分を切り抜いてキャプションとともに一括掲載したってんですから、確かに怪しからんには怪しからんのですが、戒めるんでしたらもうちっとマシな方法があったと思いますよ。
それに、怒りを向けるべき別の対象も。
そうだ、話が陸上に移ったとこで、別のニュースで続けましょう。


この原って元選手が言ってる事が本当だと言うなら、こりゃ著しい人権侵害ですよ。
もう殺人と言ってもいい、当局が介入していい場面です。
そうそう本BLOGでも話題にした別の長距離選手・新谷仁美さんも(激しい練習に起因する)無月経症に悩まされてるというし、恐らくは記事には誇張はないのでしょう。
こんな世界が21世紀の日本にあるとはねえ!
ま、まるそん って位ですから、理不尽は付物なのでしょうね、
ブルマ盗撮の一番の被害者であろう筈の陸上の彼女らからは、あんま、文句は聞きません。

盗撮の文字が出たとこで、元の潮田さんの記事に戻しましょう。
競技写真撮影の『画像悪用』と。
性的目的は悪と決め付けられてます。
そんな怪しからんとお思いですか?

そりゃ独りよがりですよ。

男性の性欲がなくなっちまったら、大変でしょうがよ
♂は身体の構造上、大脳皮質が姦淫願望に目覚めてなければ、生殖行為を行う事が不能なのです。
はは、それが悪だっていうなら、生物としてのヒトは絶滅しちまうわ。
それに引き換えバドミントンなんてのは、今この瞬間になくなっちまっても、極々一部の関係者しか困る者はありません。
全くくらべもんになりませんナ。

我慢せい、一郎!

そして、チアリーダーの人たちを見習いなさい、であります。

最後、もう一枚、ご高覧の殿方へ大サービスの、大人気・小母サマの画像です。

殿方に大人気の小母サマ2021-06-17 06:01:01