この 島岡まな ってのを、私、ぜっっってーに許せませんね。こんな輩が同じ空の下でメシぱくついてるだけでも業腹なのに、あまっさえそれが国大教員として血税から払われた金員であると言う事で、怒りは心頭に達してます

亡国奴

@atlier_M ドロックス ドロッ糞婆 twitter ツイッター・ジャパン アトリエ・エム SNS 色気ババア イカズ後家 もののわからない幸福 ツイッタージャパン・笹本裕 77億総白痴化ツール・ツイッター

下の方のお説のとおりですわ。
いやいや、バカ面晒す程度ならいいんですよ。
 裁判というのが公の機関を使ってる以上、メリットがなったら一切だんまりじゃ、食い逃げです。

 現況見る限りアー姐さんの態度はなってません。
このままでは私も甚だ遺憾ながら、バカッター分類の反対派なるものに回らざるを得ません。
 何ですか?あのバカッターは!
 埒もない投稿に茶坊主が一斉によいしょを入れてさ。
どうしても傷口を舐めて貰いたいならお付に、女なら誰でも持ってる足の付け根の大傷でも舐めて貰えばいい!

と、シモネタに続ければ…

往時のオウムでは股舐め修行ってのはなかったのかしら?
まさかのうんち食べ修行があったというだから、これもあっても不思議ではありません。
 掲示板サイトのSM板で年下女上司ものとして、結構話題になってましたよ。

オウムってのは年齢や外部での地位は一切度外視の軍隊組織。
TVでも、自分の娘の年代よりも下と思われるティーン女幹部に絶対服従している壮年男の信者の姿を、よく映してましたよ。
そのティーン♀がこっそり悪戯心を起こしたら…そこらあたりがヒントでしょうね。

 時にオウムの連中ってのは、きわめて不衛生でろくすっぽ風呂にもはいらないものですから、匂うですよ。
ことに新陳代謝の激しいティーンなんてのは、汚れギャルという月並みな言葉では片付かないほどのきったなさでしょうね。
その彼女が股舐めを命令してきたとなったら…

もうこの世の地獄ですわ。
アンモニア原液を嗅がされたの等しい激臭で鼻がバカになった状態で、垢とシッコで貼り固まった陰毛を唾液で溶かして飲み込むとこが出発。
ことによったら、うんちを喰わされるより不潔かもしれませぬぞ。
あまりのつらさに、大の男が声を上げて泣くこと必定です。
あちっスねえ。
おらほう、天も梅雨入りのタイミングを逃してしまったが如くです。

東京に来ないで」律儀に守る梅雨

残念ながら拙作に非ず、今朝の読売朝刊の投書欄に載ってましたので、掲載しておきます。

こういうときは地球温暖化って言わないんだね。
ん?あれって真夏だけの季語なの?
あるいはトランプがいなくなっちまったんでもう死語になっちまったの?
ってことで来る真夏に注目です。

それにしてもどいつもこいつも腹の立つ奴ばっか。
とまあ、ホントですよ。
ってことで、遡上に挙げた人物です。
島岡まな。
あ、例の本多平直議員に「先進国なら議員辞職」と暴言浴びせたとされる
だから先ず、先進国っちゃあんなんですかねえ?
まっさか、おふらんすの事でもいってんじゃないでしょうね?
ああ、あんな文盲だらけの農業国。
我が国の識字率は群を抜いてます。江戸時代の百姓は殆どが字が読めましたよ。

ふん。刑法やってるって吹いて回るなら知ってるはずだ。
奴らの法規は、文盲前提、愚民は文字が読めないって前提で作られてる、だから我々からすればビミョーに違和感があるわけです。
フラ公っちゃフラちな奴らだよ、ホント、お上りをダマくらかして、おふらんす料理と称してデンデンムシを喰わせやがんですからね。
奴らは、んなもん喰わない (フロッグ・イーターとは言いますけど) 有難がって喰うのはNOKIOを始めとする日本からの観光客だけ、そのNOKIOと同レベルの島岡です。

先進国なら議員辞職…

いくらなんでもねえ。
専制主義国なら~の間違いじゃないの?口を開くだけの事で、さ。
わが国にだって一応は、言論の自由があります。
私ゃ、てっきり、商業主義マスコミの伝言ゲーム的作文とばかり。
でまもあ、ほれ、
manna.png
↑このとおり。
売り言葉に買い言葉で「先進国なら逮捕」まで言ってます。
めちゃくちゃでございまする。

先言っちまったけど、そんな国家は、間違いなく専制国家ですよ。
もうバカバカしい、制度や法規の問題は既に言ったことですので文末に付録を掲載することとし、ここでは話を先に進めましょう。
とは言うものの、性交同意年齢についても『かの折』にさんざっぱら言った事です。

人間もそうだけどで生物ってのは全て個体差が大きいのです。
それを18歳なら18歳って一律に年限を切って、17歳と11ヶ月と29日の者と性行為をしようものなら人倫に外れた天人ともに許されぬ破戒行為、これが一夜明けて18歳となった途端に世にも美しい愛情行為となってしまうのですから、そんなことをほざく奴の正気を疑います。

断っときますが、この齋藤杏花 (さいとうあんな)、人一倍潔癖感が強いもので、婚外の性交渉は忌み嫌うとこであります。
ですので、性犯罪への嫌悪感も人よりは強いものがあります。
けど、いやだからこそ、意図的にそれを増やそうとする法改正の方向に憤るのです。
ましてや、これ、性交渉の話じゃないですか!
ああ、わざわざナニに及ぶ前に、住民票の写し等々で相手の年齢を確認せよと?
只でさえSEX離れの進む昨今に、性交渉を尻込みさせるような真似をするとは!

9.jpg
時に出生率。
これが2を切るってのがどういうことかお分かりですか?
そうですねえ、人口が減少するってことですよ。
分かってんの?1.3ポイント台の推移がどういう意味を持つかを!

ははは、このままでは日本人なんかいなくなっちまいますよ。
事実明治の頃に、真剣にそんな議論がされたみたいですね。
ん?混血を進め、西欧人に比べ劣る日本人なんかなくしてしまえ、って。
そういやなんか、そんなのも目立つ昨今です。
おっと話がおかしくなったか。

んで、ですよ。
この島岡まなってのは子はいるのかな?
女子を含むとこの最低二人の子がいるなら、それでいい。
いつわりの結婚で娘を設けたオカマの健さん同様、気味悪いまでもひとつの言論です、と容認も致しましょう。

けど、ないというのであれば。
もう、これは…
紛れもない亡国奴ですね、最高に軽蔑します。
意見云々以前ですわ。
島岡まなと聞くも耳の穢れ、言うも口の穢れです。

私、はっきり軽蔑といいましたよ。
前にみたいに『和田アッコさん曰くの卑下』とオブラート掛けなかった事に注目です。

乱文ご容赦、怒りのあまり文章が乱れました。


------------------------------【付録】----------------------------------


満富俊吉郎氏なる共同伝ヤメ記者の『時のことば・児童ポルノ』に激しく反論した時の経緯です。
この折は、文章も整っててお読み頂いてご理解願えるものと思料します。
前振りが2つほどありまして、先ずは『目指せ!! 平成の女蜀山人!』記事からです。

すごいの見つけちゃった…

2005年06月07日


97fa5993.gif

   琅琊王歌辞

  新買五尺刀 懸著中梁柱
  一日三摩娑 劇于十五女

   琅琊王歌辞

新たに五尺の刀を買い  中梁の柱に懸著(かけつ)く
一日三たび摩娑(まさ)す 十五の女(むすめ)より激し


北宋の俗謡のようです。
原文は
新买五尺刀,悬著中梁柱。一日三摩娑,剧於十五女。
字が出ませんか?
元箇所で確認ください。

…なんか、すごいですね。
意味が分かるというか、なんか訳分かんないというか。
妖艶といおうか、はたまた陰鬱といおうか。
それこそ、プンプン匂ってくるってやつで。

刀マニアってのは古今東西多いようですね。
昔の男の子は必ずといっていいほど、肥後守を宝物にしていたとか。
実際、日本刀の鍛錬は精神修養になると聞き及びます。
でも、毎日三度なでなでして悦にいるということになると…

なによりもすさまじいのが、結句ですね。
15歳の少女を愛撫して昂ぶらせるよりも、エクスタシィを感じるというのです。
えーっと、この国のこの時代の荘園主が荘園内の♀をすべて自分のものにできたのですか?
魯迅の小説あたりにも、それが出てるらしいですね。

今日風に言えば、ロリ。
お客様のひとりと、某掲示板で意見が対立したことがあるのです。
悪いのは犯罪行為であって、べつにそれ自体はどうということはないじゃないですか。
若い♀を求めるというのは、優性生殖のための自然の摂理です。

数学者ドジスンであるルイス・キャロルは、その性向を『フル活用』して『アリス』を残しました。
なにもかにも、某M等々に結び付けて、ロリ = 悪 と決め付けなくともいいのでは。
刀マニア = 辻斬りでないのと同じです。

以上、どうしても異常性愛路線にもっていきたい 齋藤杏花 (さいとうあんな)当時のHN の問題投稿でした。


続いてのふたつめの前振は、翌年の『サディズムに花束を!』。

ルイス・キャロル - 数学者ドジスンである『アリス』作者

2006年03月20日

b00e3038.jpg
『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』、この二部作を知らない人はないであろう。
作者ルイス・キャロルが本名チャールズ・ラトウィッジ・ドジスンという数学者であったことも有名である。

アリスのモデルになったのは、実在のアリス・リデルという少女。
キャロルは暇さえあれば、このアリスを川端までいざない、他愛のない話を聞かせては楽しんだ。
それを纏めたのが『アリス』なのであるが。

もうここまで書けば、くどくは言う必要もあるまい。
キャロルは少女愛性向、平たく言えばロリータコンプレックス(のファクターを強く有する人物)だったのである。
実際キャロルは写真家としても知られ、少女のヌード写真も多く撮っていた。
いやいや、今日だったら大変なことになるが。

ここで話にするのが、その今日のことである。
先般死刑が確定した宮崎勤被告の出現以来、少女愛性向は極めて旗色の悪い状況下に置かれている。
「『ロリータ』は犯罪だ」などと、真顔で言う人さえもある始末だ。
ちょっと考えれば冷静になれるのであろうが。

ちょっと他所の子に近づいただけで物議をかもし出すことになる…
このような時代に生まれた少女たちこそ不幸である。
幼いものというのは可愛いものだ。
幼児期というのは人から可愛がられるよう天から与えられた期間だ、と言えば文学的になろう。
可愛がられるべき時期にその機会を得られなかった損失は、長寿時代の長き人生を終わるまで負の資産として残る。

一部犯罪者のために、このような風潮が…
なんとも嘆かわしい限りである。
蛇足ながら、幸いにして論者は幼児期、ちゃんと可愛がられてきた。
念のために付け加える。

人間、思うなと命令されても思うことは思う。
思えと命令されても、思わないことは思わない。
こればかりは仕方ない。
仕方ない、はずなのだが…

未だかつて地球上には、人の心の中まで支配できる権力は存在しない。
過酷な支配を受けてきた古代の奴隷たちも、心の中までは支配されはしなかった。
思えば。
『心の中まで支配できる権力』に最も近い権力が出現し始めているのは、現代なのかもしれない。


そしていよいよ、年末の12/8になって、件の満富氏の livedoorニュース 時のことば『児童ポルノ』 記事を見つけ、上記を使ってトラックバック機能で反論したのが、下記となります。
児ポ.png

巡りめぐって12月。
寒くなりました。何でも、明日は真冬並みの寒さとか。
にも拘らずです。私、熱くなってるんですよ。

いえね、ライブドア・ニュースにとんでもないことを書いてるのがいたもので。
幼児性愛というものだけは、人間として絶対に許し難い行為だ、とか。
早速、上の記事を使ってTBしたところです。

>はあ、好きだと思う心、愛する心を持つこと自体が、「絶対に許し難い行為」だと。
>呆れ返った記事ですね。人の心の中を取り締まる権力があるというのですか?!
>(そんな権力は絶対ありえないが)仮にあったとしても思うもんは思うんだから仕方がない。
>こんなPJこそが、絶対に…

PJだと思っていた満富俊吉郎なる筆者が、ベテラン記者だったと知って更に驚きました。
よーし、もう一回つっかかるぞ~
待ってらっしゃい、平成マスコミ塾、あはっ!


そうなんですよねえ。
全盛を誇ったBLOG時代は、BLOG特有のトラックバックという機能を使って、適切な距離をとりながら (面識なきもの同志が互いに誰とは正体を明かすことなく) コミュニケーションする事ができたのです。
ですので、私も意のままに暴れることもできたのですが。
余談ですが、パクリのおっさんが上記を纏めてパクリ掲載してくれたため、満富氏はおっさんの方にメールしたみたいですけど、これはご愛嬌。

BLOGは廃れ、すっかりSNSの時代になってしまった昨今では、名もなきしがねーネット人格がこうして反対意見をあげたとしても、蟷螂の斧になるばかりですわ、#くたばれtwitter

2021-06-11 05:58:59