ワクチン、ワクチンと散々に騒がれているが、一体ワクチンっちゃ、そんなにいいものなのかしらねえ? ~ 果たして我々は正しい情報を知らされているのか?

1018
おらほう、今日もあっちくなりそうな予感ですね。
そう。照れば日差しが一番強い時期なんだ。
でもまあ暑さに身体が慣れてないなどと聞き苦しい言い訳なぞせず、さあさ、張り切って参りましょう。

そうなのです。
新型コロナウィルスで噺すのは随分久しぶりですねえ。
このとこ目新しいニュースもなく噺したとしても、どうせ犬の卒倒になるがオチですので、とんと遠ざかっておりました。
だからこそこのとこの狂乱のワクチン関連報道が、余計に目に付くわけです。

ねえ?
ワクチンなんてのがそんなにいい物なの?
いやいや!こんな曖昧な言い方したら、意味合いが違ってくる、

このとこのワクチン騒動、いかにもバカバカしい!

はっきり言い切らなければなりません。
理由はというなら、

①日付が浅すぎて利くかどうか疑問
②副反応が報告されてる
③そもそもCOVID-19自体がそんなに恐ろしいものなのか?

の3つです。
ここで誤解して貰っては困るのが、3つもあるから、ではないってことです。
3つのうちのどれひとつがあっても、当然拒否されてしかるべき、といってます。
ふふん、齋藤杏花 (さいとうあんな)が箇条書きやるなんて珍しいっしょ?
ご高覧のみなさんに、andではなくorだ、とはっきり刷り込みたいがために敢えて安っぽい報告文調の書き方をしました。

さてさて、新型コロナウィルスなんてのが認識されたのはいつのこと?
そうでしたよね。一昨々年までは、んなもんありませんでしたよ。
それが今や、早くも特効薬が開発されてる、
そもそもそれが疑問ですよねえ。
某英国ではワクチン接種が進み、あれだけ深刻だったコロナ感染が下収しつつある、
ですから、何せ過去の比較事例がないものでから、果たしてワクチンが功を奏したのか?はたまた偶々収まる時期にあたってたのか?断言は出来ません。

で、件のワクチンっちゃ、はっきり副反応が報告されてるんですよねえ。
なのに、恐ろしいから嫌だと拒否されたって話は報道されてません。
不自然ですね。
今の日本、総じて保守的になってしまってるというのに、只でさえ新しい物に拒絶反応を起こす年配層が拒否したという話が伝わらないってのは。
ま、この点については後程結論で言う事としましょう。

ダウンロード.jpg
そもそも、って言うならそもそも。
新型コロナウィルスっちゃ、そんな恐ろしいものなんでしょうか?
確かに本邦でも万余の死人が出てる、けど、これってコロナのせいなの?
言い方が悪かったか。もしコロナがなかったと仮定したなら、この万余は未だ存命だったと言い切れるか?と言ってるのです。
具体的に言ったほうが伝わりやすいか。例えば志村けんさん。
この人って既往症も既往症、そのものずばりの肺炎を患って世を去るほんの四年前にも同じく死に掛かってます。
それから岡江久美子さんね。この人も別の疾病の術後経過が思わしくなくて落命したともいえます。

兎も角、風邪を拗らせてあっさり、って話はよく聞きますし、そういった意味で幾人かの人が言ってる「コロナは只の風邪」って主張も頷けるものがあります。
「屁みたいなもの」でしたっけか。
少なくても、結核や天然痘と同列にはおけないでしょう。
そうです、ここはワクチンの話なのです。

にも関わらず、ブラウン管ならぬ液晶から伝わってるのは、人々が是可否にもとワクチンに群がってる光景ばかり…
おかしいですね。
果たして正しい情報が報道されてるのでしょうか?

そういや、翻訳ミスってのもありましたね。
夕べ某ツイッターで、本日の本記事の予告なぞをしておりますです、あはっ!

20210523at11S_p.jpg