真・この一年で変化があったのは璃花子嬢の髪だけ ~ その後の情勢を見るに付け、池江選手の事がホンキで憎らしくなってきた、齋藤杏花 (さいとうあんな)です

2021-05-12 10:11:22
えっと、何でも日本列島本土に梅雨入りしたとこがあるとか。
おらほうも心なしか、お日様が出たと思ったら直ぐに隠れたりと、さっぱりしないお天気模様です。

さっぱりしない、さっぱりしない、
璃花ちゃん祭りも不完全燃焼のまま収束を余儀なくされ、もやもやは募る一方です。
あ、遅ればせながらの冒頭画像。
紛れもなく、所謂拾い物です。
というまでもないでしょう。ウチはエロでもなければ営利サイトでもない、指されることもないでしょうから。
それにしても著法持ち出すとはねえ!
時事報道には著作の概念は生じな…
おっと、脱線。
その時事報道を請けて、もとに戻しましょう。

確か当日のニュース7でしたっけ。
池江選手のとこに辞退せよとのメッセージが届いてる旨の発端がニュースとして報じられたのは。
それ聞いて、私、途端に池江璃花子選手の事が憎らしくなって、#池江璃花子は東京オリンピック辞退しろ の意見に変わってきました。
いえいえ、当初は上記反転クリックでごらんになって頂けたとおり、所詮はプロダクション所属のタレントだから、って冷めた見方だったんですよ。
それが蝙蝠国営放送までが、第二次世界大戦時のソ連よろしく収まりかけたとこを見計らって、参戦してきたとなってわねえ。
意地でもとばかりにアンチ璃花子に回るというものです。

とはいえ、既報や昨日の記事の最後あたりで言うべきことは既に言ってしまってるという感がありますね。
池江選手がこのまま五輪出場したら、ことによったら白血病よりも大きな後遺症を心に残すのでは?
の一言に留め、以降はオムニバス的にその後の状況を拾ってみることにしましょう。


43dcafdc1bafc1d8965ef4bfae9bab24b928a352bb9e9ac084c556b6432ade21.jpg
まずは庭球選手
日清食品所属の2選手が相次いで五輪に関して口を開いたようですね。
錦織圭選手曰く「(オリパラは)死人出してまでやることじゃない」
眠くなるくらいの正論です。
五輪における庭球の立ち居地を持ち出して、陸上や水泳の選手の事を考えろ!と云ってる人たち。
違いますぞ、口開いたアスリートは錦織が最初ではありません、事実状態間違えて発言せぬよう。

とそれから今朝になって、五輪医師に応募280人、コロナ禍でも募集上回るの報。
医療崩壊(との報)と矛盾?
そうじゃないんだ、どっちも正しいんですよ。
なんていったらいいんだ?戦争直後の物不足と同様、需給のマッチングが滅茶苦茶になっちまってるせいだ、とでも言うか。
結局どっちに転んでも金になるのは大病院の経営者のみで、人命をチップにした一人勝ちのゼロサムゲームが繰り広げられてる事に憤りを覚えます。 

更に今朝のニュースをあたるに、聖火リレーのスタッフ1人感染、同僚ら8人と対面で飲食…知事「非常に遺憾」
だから、言わんちっちゃない、五輪聖火リレーという一生に一度あるかないか分からないお祭り騒ぎが回ってきたとなってら、へべれけになるまで酒カッ喰らうに決まってる、それが日本人の国民性というものです。

国民性というなら、ミュンヘン五輪の折。
何でも、開会式の入場券が当日でも買うことができたとかで、民族によってこうも気質が違うのかと語られてたという事です。
同じ勤勉といわれてる民族だというのに…
おっと、当時においては、と頭につけないといけませんか、21世紀になってからを見る限り、日本人=勤勉 とも思いませんもので。

450-2010102111445348896.jpgんで、話を戻して国民性。
必ずしも民族の違いからとばかりもいえない様で。
例えばいい例がオーストリアですよ。
同じ独逸人(民族)であるのに、ドイツとは正反対、日本人とまったく同じくのお祭り好き人種とかで、毛唐嫌いの齋藤杏花 (さいとうあんな)が唯一好きな白人国家なのです。
見てのとおり、国旗も同じ赤白旗ですし。

んで、サゲにはいるのですが、オーストリー万歳!はマズいんだよね。
あのロススタイン演奏、何故かnaxosが版権もってるとかで、某所で音源をバンされたことがあります。
代わりにハプスブルク万歳!を。

同じくワルツ王の、あまり有名でないオーストリー賛歌で、賑やかに〆ましょう。




------------------------------【当日追記】----------------------------------


すっかり見落としてました。
読売の今朝の社説になってますわ。
つまんね。一体何周遅れなの?!ってとこです。

批判するのは筋違いとする論評こそが筋違い、

ツイッター爆弾を降らしてまいりました。