端午の節句で今日も祝日。旗日ですので嫌な話は今日もお休み。そうですよ、嫌な話だったらtwitterで散々してきてますもの、あはっ!

2021-05-05 07:27:25 Boys-Festival.jpg
やってまいりました、Boys' Festival !
今日も早速お歌を行きましょうよ。

うーん、この歌は男声が絶対にいいんだけど、あるのは↓
↑くらい(失礼っ!)ですねえ。
齋藤杏花 (さいとうあんな)の(中の人)方が声量あるゾ~、はいはい、あとからちゃんと歌って聞かせますって、とこの台詞は皆さんに向けてではありません。

さて、歌詞を聞いてみるに。
これ、びんびんの文語調ですね。
ねえ、皆さん、正直なとこ、意味わかる?
得てして童謡唱歌の類は歌詞が文語調で、少なくとも当の子供たちは意味が分かって歌ってるとは思えません。

そうそう、とっておきの話。
数日前に話題にした、茶摘の歌です。
ほら、2番の出だし思い出して。
日より続きの今日この頃を
これをね、当時の齋藤杏花 (さいとうあんな)ったら、
「うわ~ キョウコちゃんのいい人がゴローちゃんなんだわ」
などと一人顔を赤らめて歌ってたものでして、はい。

まあ、なんなく歌ってて心に響くとこがあればいいんですよ。
唱歌人気調査で見事一位に輝いた朧月夜だって、到底子供には理解できないであろう文語調の歌詞ですし。
歌は心の音楽でした。

1-94-423_800.jpg

おっと脱線談義が長くなりました。
端午の節句の別のトピックといえば五月人形の、この鍾馗様ですね。
実在の人物だというのに、このとおり恐ろしげな姿で描かれ、なんでも、あの鬼を捕食するとかってとんでもない設定になってるんです。
そうだ、そうだ、お隣の国の笑い話でこんなのがあるんです。

鍾馗が好んで鬼を喰うと訊き、妹が誕生日プレゼントと、樽に詰め別の鬼に担がせて届けます。
「おにいさま 江。お誕生日プレゼント鬼2匹。足りなかったら担いでった鬼も一緒に召し上がってくださいね」
案の定、4匹纏めて煮られるわけですが、そこで担がれてきた方の鬼が担いできた鬼に向かって曰く、

「俺たちが喰われるのは当然なんだが、お前らは何で喰われると分かってて俺たちを担いで来たんだ?」

これもさっきの噺と同様に、イミフながらも何となくおかしいってのの部類でしょう。
227576166.1.jpg


んで、話を戻すに、鬼ってのは病魔の寓意だってことは想像に難くないことですね。
コロナ退散、今年の5/5は定めし、この話題で賑わうことでしょう。

最後にようやっと、カテゴリに沿った記述になるのデス。。。

2005_tankyu_z3-4.jpg



------------------------------【当日追記】----------------------------------


案の定ですよ。
♪~ いーらーかー の なーみぃ と~
さっきから何度歌わされてることか。

ってそんな中、ちゃっかりあっちに方にもよっては来てますけどね。

さてさて、A year has five se…

  ゴセック(≒五節句)のガヴォット

で今日もバカバカしくオトしときましょう。