考えてみれば、この齋藤杏花 (さいとうあんな)、右の左のというよりはむしろ国粋主義者の部類だったんだな、今更ながら

20180521_3193745.jpg
お天気の話題は、おらほうの近くにお住まいの方限定で申し上げなければ、
の文句で入るならで御座います。
今朝は嘘の様に晴れてますね。
昨日の雨で水を含んですっかり傾いてしまった、門の並びの真紅のバラ。
そうそう、我が庭の紅バラは画像みたいな1輪ものでなく、スプレー状なんだ。
だもんで余計重くなって、道路の方に傾いてしまって。
あとでもう一本支柱を差さねばと思ってます。

さて今日で月末。
今月もこれで皆勤ですね。
よく続いてるものですよ。多々障害も発生してるというのに、短気者の齋藤杏花 (さいとうあんな)としたことが大したもんです。
あっと、話が後先ですね。

ご高覧の皆さん、いつも愛読いただき真にありがとうございます。

これが肝心でした。

で、今日の噺は。
昨日の読売の社説です。


中国ったって、備前岡山のあそこから金借りるってわけじゃないよね?
てな具合に、私らしく斜に構えた読み方をしてたんですが、次第に真剣に考えされられるようになってきました。

先ずはその直感から。
中共に情報が流れるというのが、第一義に考えなきゃならない程に重要なのか?って事なんですよ。
情報なんてのはどうやったって流失するもの、例えば確かめようのない事ながら、CIAあたりは我々の情報なんか全て持ってることでしょう。
それの取り合いで、欲深いやつらが血道をあげてるってことでね。
ああ、この社説もまた米帝へつらいの支那叩きかと、読み飛ばしてました。

けど、だどもよ、
と思い返すきっかけが、郵政の文字でしたわ。
そうでした、緑色反転リンクで貼ったよう、郵政が楽天と喰っついたんでしたね。
そうなってくると、(情報流失などどうでもいいことながら)物流に影響が及ぶのでは?と危惧するようになってきました。

決定的だったのが、見ねばよかったメールボックス開けて、お話した水中ポンプにかかる追加情報を知ってしまったことでした。
…またやっちまった。amazon発送にばかり目が行って見落としてましたが、支那の業者だったではありませんかよ!
そうなってくると、しなもん(←掛詞)。
でなきゃ、直接水に漬ける製品の電源コードが他家電と同じ、などというちゃちい構造はありえません。

いやはや…
さてさて、で御座いますよ。
グローバル化に伴いわが国も、物質面では支那に精神面では米帝に、すっかり感化されてしまいました。
そんな中、極々微力ながらも本BLOGは、折に触れて和の心をお届けする積りで降ります。

どうぞ今後もご愛読の程、宜しくお願いします。

9a86cec0.jpg