ワルツィング・マチルダ 《なかにし礼 作詞による ドリフ歌謡曲 版》  ~ 昨今、LGBTなるものの隆盛振りとコロナ騒動加熱振りに、一石を投ずべく再掲



(説明文

ドリフ・ウエスタンから。ヴォーカルは、これ、仲本工事ですね。
そして背景は、男女と女男の2殺人者です。

色々言われましたが、ま、大内万里亜はフツーに見て女の子、これはいいですけど、菊池あずはには結構騙された人が多いようです。
自慢じゃないですけど私・齋藤杏花 (さいとうあんな)は、初手から一ミリも女には見えませんでしたよ。骨格見れば一発で判っちまいます。

菊池あずはの16年判決は滅茶苦茶甘いですよ。
いいですか?6尺近い青年が女の嫉妬に狂い、中年♂をメッチ打ちメッタ刺しにしたってんですから。
この殺害方法は一殺死刑執行済みの陸(兄)のそれと同様です。
こんなバケモノが10数年で娑婆に戻って来るってんですから堪ったもんじゃありません。

LGBTってのにはロリは入ってないのか?よくこうやって茶化します。
ロリの方がよっぽと無害だ。
そうですよ。男の屈強な肉体に女のヒステリ精神を持ったバケモノが大手振ってる社会なんて!
今大騒ぎになってるコロナウイルスなど比較にならない危険さです。

LGBT、発展してジェンダーフリーっての?
わたくし、全く造詣がございませんので、まちがってたら御免あっさせ~
兎も角こんなのってのは狂ってますね。
同権であっても同質ではない、この一言に尽きます。

男耕女織…こんな4熟も、今は放送禁止なのかしらねえ?

男と女のくらべっこ。


)