震災忌、防災の日に際し一稿 (←珍しく割りとシンプルなタイトル)

69349524_126086118717585_1197276959017533440_n_126086115384252.jpg
お待たせしました。もうひとつのトピック

   朔日の 雀は知らず 震災忌 (高澤良一)

そうです。
 1923.9.1 関東大震災
被災者190万人、死者不明者10万5,000人は記録に残る最悪の自然災害です。

9月1日は防災の日というのですか?
ニュースで報じられることでしょう。

いいことです。
たまにゃTVニュースも褒めておかないとね、
あはっ!でオトせぬ震災忌、、、


------------------------------【注記】----------------------------------


との記事をFBにあげたのは、ジャスト1年前の 2019/09/01 10:44 のことです。
うーん、関東大震災が起こったのは、1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒ごろのことですから、確かに発生時刻前には投稿されてます。
FBのログを調べてみるに、去2019年の当日は相変わらず残暑が厳しかったとありますが、今年はといえばいい塩梅に涼しいですよ。
逆に震災忌という気がしない2020年9月の幕開けです。

続けて1年前を回想するに。
おらほうの田吾作知事、政府主催の防災イベントかなんかでパフォーマンスになんかぶってたんですよねえ。
そしてその翌週には台風の直撃喰ってその不適切対応振りが槍玉に上がったんですわ。

一年経ちゃ状況は大きく変わる、今や総理大臣も変わるとの状況で、云った様に菅さんに近い森田健作氏に追い風、なんて週刊誌ダネもありますが、政治の世界は齋藤杏花 (さいとうあんな)の守備範囲外。

震災忌、防災の日に際し

天災は忘れた頃にやってくる


の格言の教訓として、上記『田吾作エピソード』をWEBに残します。




(翌9/2追記)

昨日は涼しくていい調子と思ってましたが1日だけのことでしたね。
おらほうは結構本格的な雨が降ったというのに案外高温、まんで熱帯雨林のような気候の本日です。

で話は国内最高気温。
41.某?
プップー。もっとすごいのがあったんですよ。
しかも日付は今日、9/2、東京においてです。

大正13年の今日9/2夜間から未明にかけてなんですよね。
45.2℃とも46.2℃とも。
関東大震災の火災に煽られて観測点の温度計がはねあがったという事で、記録に残ることはありませんでした。

地震と言うのはほんの数十秒から数分程度のものです。
甚大な関東大震災の被害も、事後に発生した火災に拠るとこが大きいんですよね。(他にも色々言ってる人たちが居るけどここでは触れまい)
これが原始時代に起こったものであるなら、殆ど被害はでない筈です。

地震は最も恐ろしい天災であるのと同時に、文明災害でもあるのです。