掛け声禁止の舞台。応援歌禁止のスタジアム。んなもんに足運ぶかねえ? ~ 無批判にそんなもんに甘んじるもんだから、インターネットの非対面のメリットをみすみす放棄することに

AX3xNYlI.jpg
いやはやさてまた、右上がりに増え続ける新型感染症新規感染者数。
冗談じゃねえよ!おらほうの昨日、73人だってよ…
江戸川の鉄橋落してやりてえ、って云うのが、ホント、早すぎましたわ
こんな感染状況は、夢想だにしてませんでした。

さて、そんな中、5ヶ月ぶりに歌舞伎座が再開されたそうですね。
20200801-OHT1I50262-L.jpg
国営テレビでも報じてました

それはそれでいい事なんでしょうが、見てみるとなーんか違う、
新宿の劇場(=こや)の轍踏まないように、奥まった所で演技する?
は、致し方ないとしても、掛け声も禁止…
も仕方ないまでも~
だったら、何の為に足運ぶのか?ってことでなんですよ。

上はお能から下はストリップまで、我が国の舞台にはすべて脇正面とかデベソとか呼ばれるせり出しがあるんですよね。
これって凄く大事。舞台が客席に食い込むことによって演じ手と受け手が一体となる訳なのです。
それにここぞって時の、大向こうからの掛け声。

ちなみにスポーツ観戦でも同じような状況とか。
応援歌禁止だなんてねえ。
一体何の為に?と繰り返すのみです。

演者なり競技者なりと一体となれないのなら、家で映像みてるのと一緒です。
全くバカげてる、とまで云ってしまったら聊か主観が強すぎましょうが、かかる状況を押してまでも観劇なり観戦なりに出張る人たちは本当の部分では他の理由がある、ということだけは間違いないでしょう。

なんかみてえ…

折角非対面のままコミュニケーションの取れるインターネットというツールを得ながら、敢えて個を表に出す方法に傾斜し天に唾するやり口で窮屈なものにしてしまい、果ては誹謗中傷撲滅キャンペーンめいたものが湧き上がる始末、、、

インターネット現況とよく似てます

1083303416025.jpg