ツイッター社ざまあ!この最高裁判決でツイッターなるラチもないWEBツールが、一気に日本市場から消える可能性も出てきたぞ。これで秋にトランプが落ちれば尚のこと

前の記事の続き。
枕無しで、ずばり入るなら、これ↓


です。
私のサイトでは一々ニュースの解説などしない、各位には元ニュースをご覧頂けたという前提でお話をしますけど、これまたズバリ、ツイッターのリツイート機能はこの判決で死んでしまいましたね。
画期的な判断ですよ、少なくても私・齋藤杏花 (さいとうあんな)の都合にすれば。
平たく言えば、

twitterざまあ!


で御座います。
まあ高々日本国内だけの話なのですが、それでも敵も狼狽してるみたいで、「コメントすることなどない」と言ってるそうです。

今はSNSに吸収される等々の理由で廃れてしまったのですが、かつて画像掲示板というのがありました。
運営してた連中とすれば、なんかあっても投稿者の責、そんでもって広告料収入がっぽがっぽ!
と虫のいい決め付けをして、かのケツ毛バーガーを放置してあったとこ、刑事責任を問われたのでしたよねえ。
ちなみにこの村岡万由子さんにはWEBオーナー時代ひとかたならぬお世話に…
おっと、噺が飛躍しちまったか、

天下のツイッター社も運営やってる奴らの程度といえばエロ画板の連中とまったく同じ、
すべての責は利用者負担で自分らは報酬がっぽがっぽ、が当然と思ってやがる

、と言いました。

そして、流石の弁護士屋も、(ある意味)予想通り文句を言い出しましたよね。
田中一哉って、あっですよ。俎上にあげたばかり
ん?

「ネット上の情報流通や自由な表現の制約につながる可能性もある」

はいはい、そのとおりで、あはっ!