『無罪の元オウム信者、新潮に勝訴 東京地裁、33万円支払い命じる』 これが日刊スポーツだと名前が入って『元オウム菊地直子さん名誉毀損で週刊新潮に賠償命令』

ご案内のとおりSNSから完全に存在を消した私・齋藤杏花 (さいとうあんな)です。
存在を消した、であってもう金輪際見ないといってる訳ではありませんよ、一応念の為。
そうですよ、これもまた申し上げたように、このご時勢にネット発言をするに際しては一通り見るだけは見とかないと頓珍漢な発言をすることにも成りかねません。

FBの方は半ば閉鎖空間ですからあまり考慮に入れる必要もないのですが、twitterですよねえ。
幸いなことに仕様変更で、垢なしでもフツーに閲覧だけはできるようになりました。
で、拾った標題のニュースです。

無罪の元オウム信者、新潮に勝訴 ~ 東京地裁、33万円支払い命じる
ダウンロード.jpg



ほー、ほー、例によって例にごとく、人権屋ビジネスの面々がごきぶりホイホイと群がってきてますわ。
アーケードさん、ナイスな突っ込み乙です。
でも画像は、
mig.jpg
の方が可愛く撮れてるんじゃござんせんこと?
兎も角往事とは似ても似つかぬ面立ちになっていた件の櫻井千鶴子さん、いやさ、エーネッヤカ・ダーヴァナ・パンニャッター さん こと菊地直子さんでした。

33万とは論外ですね。
フツーは、200-300と云いますね。あ、名誉毀損で訴えられても雑誌が売れさえすれば十分元が取れる、哲学の相場です。
それが通常の取材料程度のこの金額なら大喜び!当然上級審にまで持っていって徹底的にプロパガンダかけますよ。
雑誌社にとっては、オウムのエーネッヤカ・ダーヴァナ・パンニャッターこと、櫻井千鶴子こと菊地直子サマサマといったとこでしょう。

内海さんといいましたっけ?指をふっとばされてしまった方。
この方こそいい面の皮です。
菊地は無罪確定したかもしれませんが、内海さんの指がとばされてなかった訳ではないのです。

裁判の無罪判決とは、罪がなかった事を保障するという趣旨ではない、
確定した事実は、諸所の事情で被告人に刑罰を課すことができない、ということのみです。


困ったもんですねえ、ホント、なんでこのような言論が堂々まかりとおるのでしょうか?