「しかし腹立ちますねえ」で始まらなければ齋藤杏花 (さいとうあんな)じゃない。つーことで腹立ちますねえ、映画『南部の唄』のどこに白だ黒だが入り込む余地があるの!?ディズニーの精神も地に堕ちたものです。

ということでございます。
あまりの事に腹を立ててる内に他人様に先を越されてしまいました。
先ずは私信から。

ゆりこさん。
私の事を覚えててくださって恐縮です。
この度は読者の会だなどとお恥ずかしい限りです。

そして会員になって下さったアーケード板住人@182cm さん。
また入れ違いになってしまいましたが、ちゃんと拝読してますよ。
私の事を師などとは「うんちを喰わされたい」と云われるよりも照れくさいです。
米ディズニー「スプラッシュ・マウンテン」の題材変更を発表
17yh_l-M.jpg

の件でも意見が一致したようですね。
あとは『師匠』である齋藤杏花 (さいとうあんな)が引き受けます。

えー、黒人問題騒動もここまでエスカレートしたかってとこですね。
あの『南部の唄』のどこに白だ黒だが入り込む余地があるの!?
ホント、映画大国を代表する名作中の名作ですよ。
そして、洋の東西を問わずどこにでも居たような名物老爺に、万人の最大公約数的郷愁が惹起させられます。

じぃじの子どもの頃、『コーバンジー(=工場の爺)』って云われてた傑作な爺さんが、子ども達を集めては狐に化かされた話を聞かせてたとか。
先に言ってしまいましたが、白だ黒だどころか世界万国共通の郷愁ですよ。
古き佳き日々の事、で片付けるにはあまりにも惜しい話です。

ディズニーと云うならもう一話。アニメの『ダンポ』。
ダウンロード (1).jpg
これこそが。ウォルトが取り組んだ差別問題ですよ。

耳がでかいと差別されてたダンボは実は…

只「差別はつまらないことだ」と万人の情に訴えかけるだけでなく、『差別されてる』側にもウジウジすんのはバカバカしいよと。

20世紀の生んだ大エンタテイナーの精神もすっかり地に堕ちてしまったものです。


------------------------------【追記】----------------------------------

スブラッシュマウンテンのテーマ = 『南部の唄』 → 『プリンセスと魔法のキス』 に憤って、と断ってから書かなければ何の事か分りませんよね。私ったらまた熱くなって暴走して…
つーことでございまして、追記で触れるか、書き直すか、と考えてるうち、新規記事を書き下ろして触れるのが一番早い、という結論に至りました。
併せてお読み下さい。

オマケで日本語版ジッパディードゥーダ


♪~こりゃなんてもいい日だ

と訳してますね。
浦安ディズニーランドあたりだと、
今日はなんともいい日だ
になるんですが。