円舞曲「カンニバルの死者」 …じゃなかった。「カーニバルの使者」(J.シュトラウスⅡ op.270 ボスコフスキー&ウィーンフィル)  ~ 人喰い三人娘(竹内愛美 森島輝実 徳勝もなみ)の共演で〆



(説明文

えー、上限50投稿という事で、これが最後になるようです。
ラストに相応しく、大好きなウィンナワルツを理想のコンビ・ボスコフスキー&WPOの演奏でお届けします。
背景は直前投稿からの引き続きで、背筋も凍る人喰い三人娘です。
カーニバル、謝肉祭は、カンニバル、食人と同じ語源になるんですよねえ。
おふざけ動画のつもりが満更おふざけでもありませんでした。

演奏に戻りますが、これ初めて聞いたときにいいと思うのと同時に、ボスコフスキー&WPOならではだ、他の演奏じゃ大した事はないのでは?と感じたものですが、どうやら正しかったようです。
小澤征爾が同じウィンフィルのニューイヤーでこの曲を振りましたが、全然つまんない演奏でしたよ。今WEBに一番出回ってるのが小澤版ですから聞き比べてみるとよろしいかと思います。
それにしてもウィンフィルも純血主義をやめてしまって、フツーの楽団になってしまったものですね。
ん?ボスコフスキーの昔はウィーン生まれの男しか団員になれなかったんですよ。
同楽団が今では通じる訳のない制限を撤廃して、ウィーン訛り・ウィーン弁の音楽でなくなったのに伴い、私のウインナヲタもトーンダウンしてしまいました。
ホント、私・齋藤杏花 (さいとうあんな)ってのは古~い感性の女のようです。

その昔女の住みにくい現況のネット状況ですので、またネットからは距離を置くことになります。
いいタイミングで50上限を迎えました。
あ、某ツイッターであったんですけどね、とてもこの字数では伝えられそうもありません。
その件に関しては引きこもり先https://annatwitter.seesaa.net/ に独立稿をあげるとして、ここニコ動について感想を記しましょう。

うん、まー…
これが限界でしょうねえ。
そりゃ欲いや限がないですけど、一強・youtubeが居座る中でサイトを続けられるだけで上出来と評するしかないでしょう。
お蔭さんでこうしてつべから落とした動画を再掲載できました。
ある事自体が貴重、という結論的感想をしめして50投稿のオーラスとしましよう。

幸い年中無休24時間営業のWEBサイトです。
また、娘時代からの超絶悪党女神・齋藤杏花 (さいとうあんな)に逢いたくなったら、またいつでもいらして下さい。
あはっ!の決め台詞で、いつ如何なるときでも歓待をいたします。


)