【大日本帝国軍歌】 戦友の遺骨を抱いて 《森島輝実 被告、強盗殺人容疑で再逮捕さる の報を聞き緊急投稿》 ~ 大阪府警さん、私の遺骨を生家に還してください。 ←『木村花騒動』・シェアハウス連想で回想…



(説明文

門真頭蓋骨事件を覚えておいでですか?
私も、それこそ齋藤杏花 (さいとうあんな)になる以前に可也注目してた事件なのですが、ある折からパタリ情報が途絶えてしまったので「やっぱ全世界犯罪史でも例の稀有な猟奇事件だから、難航してるんだろ」と一人合点してたんです。
それが、今般の木村花の騒動がエスカレートして、そのつながりでシェアハウスなるものを考え及んでるうち、結末を見つけた次第です。

https://mainichi.jp/articles/20181212/k00/00m/040/121000c

https://www.asahi.com/articles/DA3S13679469.html

やっぱ無期で、一昨年に確定してたんですね。
結果は当たり前でつまんないんですが、中々どうして特筆する事項が目白押し。
ああ、母娘揃っての(まるきり別の事件で)無期懲役、ってねえ。

アドレスは『逆輸入』で

剣客商売 ならぬ 新商売三題 ~ 『母と娘と』『春の嵐』
https://annatwitter.seesaa.net/article/475168304.html

に、

『無期懲役は商売なり ~ 森島(長田)輝実・辻富美恵 版』
を加えてやんねとなんねえですね。

いやはやさてはて。
「すべての犯罪者は、加害者の顔の他にもうひとつ、被害者の顔を持ってる」
改めて認識するところです。
食人(の可能性)はその後発生した竹内愛美の事件の方で詳細に述べましたので、ここはシェアハウスに戻して、そっちの方を少し喋りましょう。

といっても木村花の情報は元々よく見てなかったものが既に消されてしまった状況ですので、あのちらり見た『シェアハウス』がどこまで現実でどこからが虚構なのか、正直判断はつきません。
加えて言うなら私(の中の人)の個人状況ね。
先祖代々同じ土地にすみ、少なくとも3代前までは同じ屋根の下にいたことがある者にとっては、シェアハウスというものが既に異次元・異世界の存在で、理解できない話なんです。

そういえばその折はお膝元を騒がせた、千葉港バラバラ事件ってのが今でも未解決のままで残ってますが、これもまたシェアハウス絡みでした。


)