「待て」と言われて待つバカはないが「死ね」と言われて死ぬバカならある ~ マスゴミ & IT 合同主催・『「誹謗中傷」撲滅キャンペーン』に思う

えー、私・齋藤杏花 (さいとうあんな)も人並みに周囲の影響を受けてるようだ、どうしても木村花なる故人からみの話になってしまってます。
正直なにがなんやら未だに訳わかんねえ報道です。うーん、先ずは素直に木村が自死したんだという前提で話をしてみますか。
先ずは、より重要な報道(の筈なんだがね)であり、カテゴリ名である新型感染症・非常事態宣言全面解除から話に入りましょう。

みてっとなーんか、自粛してやったんだ、それもアベの為に自粛した、と考えてる奴らがいますねえ。
…伝染病だという大前提をカンペキ無視してんだ。
何て言うか分りますよね?腹立たしい限りです。

BgcWZ2IJ.png

んなん、親が幼児の頃にちゃんと躾けてない証拠ですよ。
幼児といえば、そうそう、バスの中で窓から顔出してる、躾けの悪い餓鬼にでくわしましたよ。
びっくりした運ちゃんが一時停止し「ボク危ないよ」。
そしたら付いてた親が何て言ったと思います?

「怒られるからやめなさい!」

唖然…
運ちゃんの言った、

「いや怒りはしないよ。ボクが首が吹っ飛んだら困るだろうと思って」

に辛うじて救われました。
自粛してやったんだと考えてる人種ってのは、こうした餓鬼がそのまんま大人になってしまったんでしょうね。
幼児期に加えてガッコ狂育において、「勉強してやってんだ」という考えにとっぷりと染まった挙句に。

で、漸く話はお題に入るのです。
てめえの人生なのに何か他人事みたくに、誰かの為に生きてやってんだ、と考えてのんべんだらりと命を長らえてる奴の多いことよ!
だから高々悪口を言われた程度のとるに足りない事で、ほんとに死んだりなんかするんです。

まー私なんか「死ね」と言われたって希望には沿いかねる、却って絶対にくたばって堪るもんか!って気にこそなれ、絶対にいう事など聞く筈などないのですがねえ。

 飢死も また酔死も 討死も

     恋死もいや 死なば空死 (山蒼斎)

兎も角死ねといわれたくらいで本当に死ぬなんてのは、考えも及びません。
これもまた捻じ曲がった戦後狂育のなせる業でしょう。

  別れてくれよという前に 死ねよといった欲しかった



藤圭子ってのも自死したんでしたよね。