【流行歌】 この際カアちゃんと別れよう【注:番外編に付、大内万里亜、小保方晴子は登場しません。】2題


   《番外編 - 出演 山中伸弥&知佳 夫妻》 注番外編に付、大内万里亜、小保方晴子は登場しません。


(説明文

古き佳き日のクレージーのナンバーから。
レトルトカレーのCMから生まれた流行語から生まれた一曲です。

背景で茶化してるのは例のiPSの。
どうもこの山中教授は虫が好きません。
わざと関西訛りでしゃべって奇をてらおうとしてる。しかも夫婦そろって
けど、んなん、だいだいやね~の人の2番煎じですよ。

それにしてもなんでカカアなんかが出しゃばるんでしょうかねえ。
それこそ、だいだいやね~でございますわ。
ん?欧米の慣習?
ほうほう、個人主義の世界が夫婦つがいででるのが慣習と。

なんか建前と本音の使い分けは我々でなく、奴ら毛唐専売のような気がします。

欧米個人主義の免罪符がキリスト教、、、


)


【流行歌】 この際カアちゃんと別れよう   《番外編 - 出演 若山照彦&若山清香 夫妻》 注番外編に付、大内万里亜、小保方晴子は登場しません。


(説明文

えー、若山さやかさんね。
雌鳥が囀るの常套句がありますが、この方の場合、雌鳥ならぬ♀マウスですか。
研究報酬二重取りで話題になりましたが、もう覚えてらっしゃる方も少なくなったでしょう。

私・齋藤杏花 (さいとうあんな)なんかは二昔前の感性ですから、こういうのって腹立ちますね。
夫婦は協力し合って当然、外に対して二人分の報酬を要求するなんてもってのほかですよ。
あ、私、それは就業経験すらない只の怪しからぬ専業主婦ですが、実務をやったことがないわけではありませんから。
子供のころからずっと、男の人たちの秘書めいたことをやってました。
それでも報酬など、1円すらとったことはない、僅かに扶養等で一家の担税力関係既定の対象になっただけです。

   専業主婦を舐めんなよ~、あはっ!


)